ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 健康推進課 > 【第51回】健康づくりNewsletter

本文

【第51回】健康づくりNewsletter

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月21日更新

6月4日~10日は歯と口の健康週間です ~のばそうよ 健康寿命 歯みがきで~

 

歯周病は『隠れた国民病』です。口臭や歯を失う原因となるだけでなく,生活習慣病や認知症にも影響するといわれています。

 成人の約8割以上がかかる歯周病は,歯ぐきが腫れる歯肉炎から始まり,歯を支える骨が溶けてしまう病気です。気が付かないうちに進行し,歯肉からの出血などが起こった後,歯の喪失につながることがあります。また,歯周病は口臭の原因にもなります。

 歯周病の原因は,歯に付着した汚れ(プラーク)に含まれる細菌です。

 歯周病の予防として

(1)正しい歯みがきを行い,デンタルフロスや歯間ブラシの併用をすることにより,口の中を清潔に保つ 

(2)定期的に歯科健診を受ける 

(3)唾液の分泌を促すために,ひと口30回噛むことを目安に食事をする 

(4)禁煙する

などがあります。できることから始めてみましょう。

 近年の研究では,歯周病によって脳血管疾患・心臓病・糖尿病など生活習慣病を悪化させる可能性があることが明らかになってきました。

 また,歯を失うことで口腔機能が低下し,寝たきりや認知症の引き金になることも分かってきています。

 毎日の食生活を含めた生活習慣を見直し,歯周病を予防することが大切です。

 日頃から歯と口の健康に関心をもち,毎日の口腔ケアを見直してみましょう。

 ※福山市では,満40・50・60・70歳の人を対象に歯周病検診を実施しています。歯周病は,早期発見・早期治療がカギとなりますので,積極的に受診しましょう。