ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 健康推進課 > 【平成30年7月豪雨関連】被災された皆さま・保護者・子どもの心のケアについて

【平成30年7月豪雨関連】被災された皆さま・保護者・子どもの心のケアについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月9日更新

こころの健康を守るために,自分自身のストレスについて過信せず,次のことに心がけましょう

1.ストレスの自己管理
 ・ストレスのセルフチェックを行う
・ストレス反応が出ている場合には,休憩やリラクゼーションに心がける
 【リラクゼーションの工夫】
  ・深呼吸   ・眼を閉じる   ・散歩    ・体操・運動
  ・音楽を聴く  ・入浴      ・ストレッチ 

2.セルフケア
 ・十分な睡眠をとる
 ・十分な食事,水分をとる
 ・カフェイン,アルコール,タバコの取りすぎに注意する
※特に子どもについては,ご家族や周囲の大人が,次のことに気をつけましょう。
 ・できるだけ子どもを一人にせず,安心感・安全感を与えましょう。
 ・抱っこや痛いところをさするなど,スキンシップを増やしましょう。
 ・赤ちゃん返り・依存・わがままなどが現れます。受け止めてあげましょう。


こちらも参考にしてください。

災害支援にたずさわる方へ

災害では,被災者のみならず,「支援者」や「支援者を派遣する職場」も多大なストレスを受けます。
災害支援にたずさわる方々のメンタルヘルス保持に活用してください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)