ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 健康推進課 > 【70回】健康づくりNewsletter

本文

【70回】健康づくりNewsletter

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月21日更新

糖尿病性腎症について~腎臓は,一度悪くなったら元に戻らない臓器です~

 

糖尿病性腎症とは?

糖尿病の3大合併症の一つで自覚症状がないまま腎臓機能が低下していきます。近年,罹患者が急速に増え,人工透析の原因疾患の第1位となっています。

腎臓はどこにある?

腎臓は「そら豆」に似た形の握りこぶし大の臓器で,腰のあたりに左右1つずつあります。

腎臓の働きは?

(1)尿として水分や老廃物を出す

(2)電解質のイオンバランスを保つ

(3)血圧の調整をする

(4)造血ホルモンを分泌する

(5)骨の生成に必要な活性化ビタミンDを作る

糖尿病性腎症になるとどうなるの?

糖尿病が原因で腎臓が悪くなると,2つの腎臓が同時に悪くなっていきます。しかも一度壊れた腎臓は元にはもどりません。腎臓がまったく機能しなくなると,人工透析か腎臓移植をしなければ,生命を保つことができなくなります。

糖尿病の治療を中断している人は再開を!

血糖値が高い状態を放置していると症状はどんどん悪化していきます。治療を継続して血糖をコントロールしていくことが合併症を防ぐポイントになります。

予防するためには?

(1)年に一度は健診を受ける

(2)主食・主菜・副菜のバランスが整った食事をする

(3)ゆっくりよくかんで食べる

      早食いは,脳が満腹感を感じる前に食事をとりすぎたり,食後に血糖値の急上

      昇を招いたりします

(4)塩分は控えめにする

   高血圧も腎症のリスクを高めます

       塩分のとりすぎには注意しましょう

(5)定期的に歯科健診を

       歯周病は血糖コントロールに支障をきたします

       半年に一回は歯科を受診し定期健診をしましょう。

(6)たばこをやめる

健診について

定期的に特定健康診査などにおいて血液検査や尿検査で腎臓の機能を確認することが大切です。

※福山市国民健康保険にご加入の40歳以上の人は,特定健康診査に腎臓の機能に関わる検査項目(血清クレアチニンなど)が無料で追加されています。

受け方は,医療機関で受ける個別健診と,福山市医師会健診センター,福山検診所,市民センターや支所等で受ける集団健診(要予約)があります。

お問い合わせ先:福山市成人健診課(084)928-4747

詳しくは福山市けんしんガイド(福山市HPに掲載)をご覧ください。