ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 健康推進課 > 健康づくり News Letter 【第10回】

本文

健康づくり News Letter 【第10回】

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月21日更新

自分の適正体重を知り,適正体重を維持しましょう

  ふくやま健康・食育市民会議(フクイク21)では,健康づくりや食育を推進するため「適正体重の維持の啓発」を重点目標の1つに掲げて取り組んでいます。

みなさんは自分の適正体重を知っていますか 

各種イベントにおいて,適正体重についてのチラシの配布,パネルの展示などをおこなっていますが,「健康づくり・食育応援」の食育のページに入ると,あなたの適正体重を簡単に求めることができます。

次をクリックして,自分の適正体重を知り,適正体重を維持しましょう。

肥満ややせすぎは,生活習慣病などの病気の引き金になりますので,注意が必要です。

  適正体重について

 肥満について 

  「肥満」は,糖尿病,脂質異常症,高血圧など生活習慣病の発症のリスクを高めます。

  こんな習慣がありませんか?

・朝食抜きで1日2食のことが多い

・脂肪分や糖分が多い食べものが好き

・早食いだ

・食事の内容が好きなものに偏っている

・たくさんお酒を飲む

・夕食の時間が遅い

やせについて

  最近若い女性などにみられる「やせ」志向による無理なダイエットは,栄養素の摂取不足を招き,貧血や骨粗しょう症の原因にあげられます。

 また高齢者では,さまざまな原因により,食事量が低下したり,肉類やあぶらものを敬遠しがちな方は低栄養状態におちいりやすくなります。低栄養状態になり衰弱がすすむと,肺炎や寝たきりなど要介護状態のきっかけとなることもあります。

  こんな習慣がありませんか?

・ダイエットをしている

・食事を抜くことが多い

・食事の内容が好きなものに偏っている

・食欲がない

・肉や卵,油脂類の摂取は控えめにしている

自分の生活習慣を見直し,適正体重を目指しましょう