ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 健康推進課 > 【第21回】 健康づくり News Letter

本文

【第21回】 健康づくり News Letter

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月21日更新

「食育~適正体重・減塩~」

 心身の健康を維持・増進していくため,適正体重の維持や,日頃の食事で減塩の工夫を心がけましょう。

○適正体重ってなに?

身長,体重を用いて求められる体格指数のことをBMIといいます。これは,栄養状態を判定するために,身長と体重を用いて算出した値をいいます。BMIは次の計算式で求めることができます。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

 

BMIが22前後の人がもっとも病気にかかりにくいといわれていることから,適正体重を次の計算式で求めることができます。

適正体重=身長(m)×身長(m)×22 

【参考】

こちらの「適正体重早見表」ですぐに適正体重を確認することができます。

(※身長148~170cmまで掲載)

適正体重早見表

あなたの身長(cm)

148

150

152

154

156

158

160

162

164

166

168

170

適正体重

(kg)

48

50

51

52

53

55

56

58

59

60

62

63

※医師の指示がある場合は,それに従って体重管理をしてください。

 

 

健康管理の指標のひとつとして,決まった時間に体重を測る習慣をつけていきましょう。

BMIについて詳しくは,こちらのページへ↓

適正体重の維持には,1日3食の「主食・主菜・副菜のそろったバランスのよい献立」を心がけましょう!

手軽にできるバランスのよいお弁当メニューの紹介はこちらのページへ↓

○減塩ってなに?

食塩のとりすぎは,高血圧の原因になるだけでなく,生活習慣病を引き起こす原因となります。調理の工夫や,食卓での工夫で,手軽に減塩ができます。

 

   【減塩の工夫】

(1)   天然食品でだしをとる

(2)   酢やレモンなど,酸味をいかす

(3)   香辛料(こしょう,カレー粉など)や,香味野菜(しそ,しょうがなど)を上手に取り入れる

(4)   食卓にしょうゆや塩を置かない

                        など

 

 

食塩摂取量 目標量
ひとつでも,できることから減塩生活をスタートしましょう♪

今年募集をした「健康川柳」では減塩がテーマの作品も多数いただきました。入賞作品をご紹介しています。詳しくはこちらへ↓