ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 健康推進課 > 【第35回】健康づくりNewsletter

【第35回】健康づくりNewsletter

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月21日更新

「ロコモ」を防いで,いつまでも元気な足腰を!

 

●ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ)とは?

 「運動器症候群」といい,バランス能力の低下や筋力の低下,骨や関節の病気などによって,立つ・座る・歩く動作が難しくなることをいいます。

 進行すると,転倒しやすい,寝たきりなど,介護が必要となるリスクが高くなります。

●ロコモを予防するためには?

運動習慣を大切に

ストレッチ,ラジオ体操,ウォーキングなどの運動と併せて,(1)(2)の運動を自分のペースで続けると効果的です。

 

(1)開眼片脚立ち

<効果>バランス能力をつける

<方法>目を開けたまま,転倒しないように必ず何かにつかまって,片脚を床から少しあげます。(左右1分間ずつ1日3回) 

(2)スクワット

<効果>下肢筋力をつける

<方法>肩幅より少し広めに足を広げ,両足のつま先を30度くらい開いて立ちます。膝がつま先より前に出ないように,また膝が足の人差し指の方向に向くように注意して,ゆっくりお尻を後ろに引くように身体を沈めます。(深呼吸をするペースで,5~6回,1日3回) 

 

バランスの良い食事を

(1)低栄養に注意し,1日3食きちんと摂りましょう。(2)カルシウムやビタミンD,たんぱく質等,骨や筋肉を強くする食事を積極的に摂りましょう。

 


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る