ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 建設政策課 > 【平成30年7月豪雨関連】宅地内の土砂等の撤去について

【平成30年7月豪雨関連】宅地内の土砂等の撤去について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月28日更新

 平成30年7月豪雨により,広島県内において激甚災害の指定を受ける甚大な災害が発生しました。
 本市においても,このたびの豪雨で,家屋の倒壊や宅地内に土砂等が流入する被害が数多く発生しており,土砂崩れなどにより被害にあわれた皆様の早期生活再建につなげるため,現在,宅地内の土砂等の撤去ができていない方については,家屋の損傷の程度にかかわらず,本市において宅地内の土砂等を直接撤去しますので,ご相談ください。

本市において撤去する対象

1.次の(1)~(3)の要件をすべて満たしている場合は,宅地内の土砂等を本市が直接撤去します。
2.次の(1)と(2)の要件を満たしている場合は,宅地内の土砂等を宅地前の道路に交通の支障にならないように出していただければ,本市において運搬・処分します。
ただし,土砂等にがれきが混ざっている場合は,本市において直接撤去も可能です。

要件

(1) 平成30年7月豪雨による被害であること
(2) 宅地であること(農地,山林は対象となりません)
(3) 家屋損傷が拡大する恐れがあること,又は土砂等が宅地外へ流出する恐れがあること

撤去の進め方

1、撤去を希望される方は,まず次の問い合わせ先へご連絡ください。 
2、担当職員が希望される方へご連絡した上で,現地に出向き,撤去対象の要件を確認します。
3、撤去の対象になる場合には,今後の手続きや撤去の流れをご説明します。

問い合わせ先

被災者支援相談窓口 TEL 084-928-1284

既に業者に依頼し土砂等を撤去された方についても,本市において撤去費用に係る事後精算ができる場合がありますので,廃棄物対策課(TEL084-928-1073)に,ご相談ください。