ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 企業誘致推進課 > 工場立地法の届出について

本文

工場立地法の届出について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月26日更新

工場立地法は,工場と周辺地域の生活環境のより一層の調和を図ることを目的として制定されています。
本法では,特定工場(敷地面積が9,000平方メートル以上または建築物の建築面積の合計が3,000平方メートル以上の製造業,電気・ガス・熱供給業(水力,地熱及び太陽光発電所は除く)をいう。)の新設,増設及び変更等にあたって,定められた準則に沿った建設計画を定め,着工の90日前(短縮申請を行った場合は30日前)までに,届出を行うこととされています。
詳細につきましては『広島県企業立地ガイド(工場立地法の届出)』をご覧ください。
また,各種届出の様式は『工場立地法届出様式』よりダウンロードしてください。記載につきましては,『記載要領』を参照してください。

広島県企業立地ガイド(工場立地法の届出)広島県企業立地ガイド(工場立地法の届出)
工場立地法届出様式工場立地法届出様式 [Wordファイル/156KB]
広島県企業立地ガイド(工場立地法の届出)記載要領 [PDFファイル/226KB]

New!福山市工場立地法地域準則条例の制定について ※別ウインドウで開きます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)