ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 企画政策課 > 第1回,第2回 未来のまちづくり 高校生・大学生ワークショップを開催しました!

第1回,第2回 未来のまちづくり 高校生・大学生ワークショップを開催しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年2月15日更新
高校生ワークショップ
高校生ワークショップ

 未来のまちづくり 高校生・大学生ワークショップを開催しています。ワークショップは全体で3回を予定しており,第1回目を1月8日に,第2回目を1月22日に実施しました。最終回の第3回目は1月29日を予定しています。
 1回目では福山市の「良いところ,良くしたいところ」について意見を出し合い,第2回目では,第1回目の意見を基に,良くするにはどのような取組が必要かを考えました。
 最終回の3回目で,1回目,2回目の話し合いを踏まえ,「自分が市長になったらどんなまちをつくりたいか」ということについて,グループごとにまとめて,具体的な提案をしてもらう予定です。
---------------------------------------------------------
Q.ワークショップとはどんなもの?
A.ファシリテーターと呼ばれる司会進行役を中心に,参加者が自発的に自由な意見を言い,意見交換をする中で,みんなで課題を考えたり,提案を行ったりするものです。
---------------------------------------------------------
Q.なぜワークショップを開催するの?
A.第四次福山市総合計画 後期基本計画に市民の皆さんの意見を反映させていきたいからです。
 現在,福山市では将来都市像を「にぎわい しあわせ あふれる躍動都市 ~ばらのまち 福山~」と定めています。この将来都市像を実現するため,市全体でこういう方向性をもってまちづくりに取り組んでいこうと計画した総合計画というものがあります。わかりやすく言えば,小学生の時,夏休みに入る前に「夏休みの計画表」という長い計画を立てたと思います。それと同じように,市の10年間のまちづくりに関する計画が総合計画です。
 現在,福山市では,2007年度(平成19年度)から市制施行100周年の節目となる2016年度(平成28年度)までの10年間を計画期間とする第四次福山市総合計画基本構想を策定しており,2011年度(平成23年度)で前期基本計画の5年間が終了します。
 これから,今年度と来年度の2年間で後期5年間の基本計画を策定していくことになります。これから策定する後期基本計画に,市民の皆さんの意見を反映させていくため,今年度は市民アンケートを実施しています。今後は,ワークショップのほかにパブリックコメントを実施する予定です。
---------------------------------------------------------
Q.どんな人が参加するの?
A.高校生と大学生が参加しています。
 将来の福山市を担う若い人達のフレッシュな意見を市政に反映させたいと考え,高校生・大学生のワークショップを開催しました。高校生については,福山市立福山高等学校の生徒さんに参加していただきました。大学生については,福山大学,福山平成大学,福山市立女子短期大学の学生さんに参加していただきました。
---------------------------------------------------------
Q.ワークショップではどんな意見がでたの?
A.第1回目の高校生ワークショップでは,「福山の好きなところ」「良くしたいところ」について,大学生ワークショップでは,「福山市の強み,弱み」について意見を出しました。第2回目のワークショップでは,1回目の意見を基に,良くするための取組を考えました。
第1回 高校生ワークショップ(参加者:42人)での主な意見
○良いところ
・くわいなど特産品が多い
・図書館が充実している など
○良くしたいところ
・芦田川をきれいにしたい
・郊外の防犯灯が少ない など
第2回 高校生ワークショップ(参加者:42人)での主な意見
○良いところをいかした取組
・くわいを使ったB級グルメや駅弁などを開発し,特産品をPRする
・学生が集まって勉強やグループワークができる場所を増やし,学生間の交流を促進する など
○良くするための取組
・ボランティア清掃活動への市民の参加を促進する取組を進める。(ボランティアイベントの1ヶ月の予定について案内するなど)
・犯罪の抑制効果を期待し,青色LEDを使用した防犯灯の設置を促進する など
第1回 大学生ワークショップ(参加者:25人)での主な意見
○強み
・オンリーワン企業が多い
・交通の便が良い など
○弱み
・福山市の知名度が低い
・商店街がさびれている など
第2回 大学生ワークショップ(参加者:31人)での主な意見
○強みをいかした取組
・産業ツアーを実施し,特色のある企業をPRする
・電車やバス(まわローズなど)の運行本数や運行範囲を拡充し,利便性の向上を図る など
○弱みを解消する取組
・イルミネーションや福山城の桜などを利用したイベントを開催し,マスコミを通じて市外にアピールする
・商店街マップを作成し,商店街の活性化を図る など
---------------------------------------------------------
Q.ワークショップで出された意見はどうなるの?
A.ワークショップで出された意見やアイデアについては,これから策定する総合計画の後期基本計画の具体的な取組に反映していきたいと考えています。

大学生ワークショップ
大学生ワークショップ


第四次福山市総合計画とは 第四次福山市総合計画とは

  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る