ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 企画政策課 > ふくやま未来づくりビジョン2020

本文

ふくやま未来づくりビジョン2020

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月19日更新

ふくやま未来づくりビジョン2020

 私はこれまで、活力と魅力に満ちた輝く都市の実現に向け、市民の皆様の声に耳を傾けながら、5つの挑戦を推進して参りました。その中で、福山駅前の再生や福山北産業団地の整備といった都市基盤の強化を始め、子どもの医療費助成制度の拡充や小中学校の空調設備整備など、未来を担う子どもたちへの投資にも取り組んできました。また、福山城築城400年記念事業やばらのまち福山国際音楽祭の開催など、都市づくりに新たな風を吹き込んで参りました。

 今年度からは、時代の激しい変化に的確に対応するため、その取組を深化させ、「頻発する自然災害への備え」「本格化する人口減少への備え」「備後の拠点都市としての備え」に注力しており、これまでにまいてきた種が、今、芽を出しつつあります。

 新年度は、この3つの備えを更に充実させて参ります。課題を先送りすることなく、少子高齢化の更なる進行や、Society5.0によるデジタル社会の到来などを見据えた、新たな時代にふさわしい福山をデザインし、積極果敢に挑戦していきます。
こうした取組を、タイミングを逸することなくスピード感を持って実行していくためには、持続可能な財政の確立が不可欠です。そのため、歳入・歳出の両面からなる総合的な財源確保策にも本格的に取り組みます。

引き続き、「スピード感・情報発信・連携」を市政運営の基本に据え、現場主義を貫く中で、備後の中核都市として輝きを放っていけるよう全力で取り組んで参ります。

福山市長 枝広 直幹


ふくやま未来づくりビジョン2020 [PDFファイル/4.66MB]

※ふくやま未来づくりビジョンは,主要な新規事業や拡充する事業などを基本に,特に重点化して進める施策を位置付けています。

(更新情報)
2020年2月19日 11ページ「福山駅周辺の再生」の福山駅北口の写真を整備後のイメージに差し替え

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)