ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 企画政策課 > 平成28年11月臨時市議会 市長説明要旨

本文

平成28年11月臨時市議会 市長説明要旨

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月7日更新

 本日は,臨時市議会を招集いたしましたところ,議員各位には,御多用の中を御参集いただきまして誠にありがとうございます。
 開会に当たり,市政の状況と提出いたしております2015年度(平成27年度)福山市一般会計ほか11特別会計の歳入歳出決算の議案などについて,その大要を御説明申し上げます。

 昨年度は, 戦後70周年の節目でありました。今の平和な社会は,先人達のたゆまぬ努力により築かれたものであり,私たちには,この社会を,生命の尊さを,戦争の悲惨さを次世代に継承していく責任があるものと改めて強く胸に刻んだ年でありました。また,関東・東北豪雨による大規模水害を始め,各地で自然災害が多発しました。本市も今年大雨災害があり,行政として,市民の皆様の安心・安全な暮らしの確保により一層努めていかなければならないと,その責任の重さを感じたところであります。暮らしの面では,社会保障分野などの行政サービスの効率化を目指したマイナンバー制度がスタートしたほか,世界に日本をアピールする明るい話題としてノーベル賞の日本人ダブル受賞などがありました。
 本市におきましては,将来を見据え,人口減少対策や地方創生の取組を加速させ,若者や女性を対象とした施策を充実いたしました。市制施行100周年に向けては,全学区で100周年のバトンをつないだ「ローズバトンリレー」や,市民が選んだ地域資源「福の山百選」,「福山とんど祭り」の復活,子どもたちの夢を応援する「夢・未来プロジェクト」など,市民が一体となって喜び祝う機運を醸成することができました。これらの取組は市民力を高め,まちづくりの新たな活力となっているものと考えております。
 ばらのまちづくりに関する全国初となる条例も制定いたしました。5月21日を「ばらの日」とするなど,ローズマインド(思いやり・優しさ・助け合いの心)が,福山の文化としてより一層根付くよう取組を進めております。
 また,本市の未来を支える人材育成のため,「福山市小中一貫教育と学校教育環境に関する基本方針」や「福山市学校規模・学校配置の適正化計画」を策定したほか,教育環境整備基金も新設いたしました。「すべては子どもたちのために」という理念の下,新たな学校づくりに着手したところであります。このほか,総合体育館建設に向けた競馬場跡地の整備や市民病院の高度医療機器整備,出原浄水場の更新など,財政の健全性に配慮しながら,本市の発展と安心・安全なまちづくりに積極的に取り組みました。
 備後圏域における連携中枢都市圏の取組につきましても,圏域の地域資源の発掘や人材育成,効率的な行政サービスの推進など,圏域の一体的な発展に向けた土台づくりに努めました。人口減少時代における新しい形の広域連携に向け,着実に歩みを進めたところであります。
 その結果,2015年度(平成27年度)決算については,一般会計では,歳入総額が対前年度0.6%減の1,720億135万6千円,歳出総額は対前年度1.2%減の1,664億9,072万4千円となり,実質収支は31億3,575万8千円となりました。
 特別会計につきましては,国民健康保険特別会計や介護保険特別会計などが増となり,全11会計で,歳入総額は対前年度8.0%増の1,019億1,580万円,歳出総額は対前年度7.8%増の989億932万1千円となり,実質収支は30億48万8千円でありました。
 なお,2015年度(平成27年度)における主要な施策につきましては,「主要な施策の成果等説明書」で御報告申し上げているとおりであります。
 決算についての監査委員の指摘要望事項につきましては,その対応策を講じ,事務事業のより適切かつ効率的な執行に努めて参ります。
 人口減少社会を迎える中,本市においても,長期的には税収の増加が見込まれず,高齢化の更なる進行などもあり,社会保障関係費は,今後も増加する厳しい財政環境が続くことが想定されます。こうした状況にあっても,行財政改革を不断に実行することで持続可能な財政を実現します。「ヒト・モノ・カネ・情報」が集積するよう,積極的・効果的な投資により未来に向けた基盤づくりに努め,市民の皆様の声を聴く中で,活力と魅力に満ちた,輝く福山の実現に向け,全力で取り組んで参ります。

 次に,第五次福山市総合計画基本構想の策定についてであります。第五次福山市総合計画は,市制施行100周年後の新たなまちづくりの指針となるものであり,人口減少問題に正面から取り組むとともに,だれもが心豊かにいきいきと暮らし,将来にわたって発展し続けるまち,希望あふれる社会の実現を目指すものであります。このたびは,その総合計画の最も上位に位置し,まちづくりの視点や基本理念,将来都市像を示す基本構想について,議会の議決を求めるものであります。このほかの議案として,福山駅前広場の自転車転倒事故について,本市への損害賠償を命じた広島地方裁判所福山支部の判決に対し,本市が控訴を提起する「訴えの提起について」を提出いたしております。
 何とぞ慎重なる御審議の上,御可決いただきますようお願いを申し上げ,提案理由の説明といたします。

 本文は,口述筆記ではありませんので,表現その他に若干の変更があることがあります。