ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 企画政策課 > IoTデバイスを活用したヘルスケアの社会実験への参加について

本文

IoTデバイスを活用したヘルスケアの社会実験への参加について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月28日更新

 福山市は,株式会社青山キャピタル(青山商事株式会社の100%子会社),ダイキン工業株式会社,ソフトバンク・テクノロジー株式会社の三社が実施する「IoTデバイスを活用したヘルスケアの社会実験」に参加することとなりました。
 本社会実験では,ベルトに装着したセンサー機器により,体のかすかな振動から心拍情報を取得し,睡眠の質やストレス度を計測します。そして,取得した情報をスマートフォンに表示し,参加者本人にお知らせすることで,「健康状況の日常チェック」や「健康の見える化」を推進するものです。
 今後,機器等の開発者と協議を進めて,本年7月から3か月間程度の実施を予定しています。

記者会見の風景

(※株式会社青山キャピタルほか作成資料)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)