ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 国保年金課 > 2018年4月から国民健康保険制度が変わります

2018年4月から国民健康保険制度が変わります

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月1日更新

 現在,国民健康保険の運営主体は市町村ですが,「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律」の成立により,2018年(平成30年)4月から,都道府県が財政運営の責任主体となり,安定的な財政運営や効率的な事業運営において中心的な役割を担い,制度の安定化を図ることとなりました。
 これにより,財政運営のしくみが変わることとなりますが,国民健康保険の次の業務は,2018年(平成30年)4月以降も,引き続き市町村となります。

 <国民健康保険の各種業務>
   ○資格の取得・喪失手続き
   ○被保険者証等の発行
   ○保険給付の決定・支給事務
   ○保険税の賦課・徴収 等


 制度改正については,こちら [PDFファイル/590KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る