ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 国保年金課 > 医療費の状況/保健事業

医療費の状況/保健事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月28日更新

保険税はみなさまの健康を支える医療費の大切な財源です

 2015年度(平成27年度)の医療費総額は397億円で,それによる国保からの負担額は327億円となり,毎月27億円・1日になおすと9千万円となります。
 保険税は,これらを支払うための大切な財源です。また,みなさまの健康を守る国保制度を健全なものにするために,医療費の現状を理解していただき,納税へのご協力をお願いします。 

医療費の状況は次のとおりです。

国民健康保険医療費の推移

脳ドック健診費用の助成について※2016年度(平成28年度)の受付は終了しました。 

 被保険者の疾病予防及び早期発見・早期治療による健康の保持増進のため,助成対象医療機関で行う脳ドックの健診を受けるとき,その費用の一部を助成します。
(健診を受ける前に受付期間中の助成申請が必要です。助成は,1年度につき1人1回です。)

助成対象者

1.福山市国民健康保険被保険者で申請時満40歳以上の人
2.保険税を滞納していない人
3.入院・妊娠をしていない人

申請場所

国保年金課,松永市民課,北部市民課,東部市民課,神辺市民課,内海支所,新市支所,沼隈支所,鞆支所,芦田支所,加茂支所,水呑分室,熊野分室,山野分所,内浦分所
 ※電話での申し込みはできません。

申請に必要なもの

保険証

助成額

健診費用の5割を助成(25,000円を限度)します。
※助成申請から補助金交付までの流れはこちらで確認してください。福山市国民健康保険脳ドック健診費用の助成申請から補助金交付までの流れ [PDFファイル/37KB]

受付期間

2016年(平成28年)5月2日(月曜日)~2016年(平成28年)12月28日(水曜日)

健診期間

助成決定日から3カ月後の月末まで
ただし,11月以降の申請については,来年2月28日(火曜日)まで

 ※ 福山市内に住所を有する後期高齢者医療制度の被保険者に対しても同様の制度がありますので,詳しくは福山市後期高齢者医療課へお問い合わせください。(電話番号:928-1411)

健康増進施設利用料の助成について※2016年度(平成28年度)の受付は終了しました。 

 被保険者の健康づくりを推進するため,指定の健康増進施設を利用するとき,利用1回につき300円を限度に15回分を助成します。
(受付期間中の事前申請が必要です。申請は,1年度につき1人1回です。)

助成対象者

1.福山市国民健康保険被保険者で申請時満20歳以上の人
2.保険税を滞納していない人

申請場所

国保年金課,松永市民課,北部市民課,東部市民課,神辺市民課,内海支所,新市支所,沼隈支所,鞆支所,芦田支所,加茂支所,水呑分室,熊野分室,山野分所,内浦分所
 ※電話での申し込みはできません

申請に必要なもの

保険証

助成対象施設と助成額

施設名コース1回あたり利用料市助成額自己負担額

福山市松永健康スポーツセンター(松永町)
Tel 934-7717

全施設
プール
トレーニングルーム

920円
510円
510円

300円620円
210円
210円
国民宿舎 仙酔島(鞆町)Tel 970-5050入浴540円300円240円

福山すこやかセンター(三吉町南)
Tel (水浴訓練室)928-1343

水浴訓練室65歳未満 510円300円210円
65歳以上 250円250円無料
福山市うつみ市民交流センター(内海町)
Tel 986-3111
プール65歳未満 510円300円210円
65歳以上 250円250円無料

受付期間

2016年(平成28年)5月2日(月曜日)~2017年(平成29年)2月28日(火曜日)

利用期限

2017年(平成29年)3月31日(金曜日)まで

 ※ 福山市内に住所を有する後期高齢者医療制度の被保険者に対しても同様の制度がありますので,詳しくは福山市後期高齢者医療課へお問い合わせください。(電話番号:928-1411)

優良被保険者表彰について

 福山市の国保の被保険者で次のすべての条件に該当する世帯の世帯主について,表彰状と記念品を贈り,よく健康を保持されたことに感謝の意を表しています。

 1.前年度において療養の給付を全く受けていない世帯
 2.保険税を完納している世帯

医療費通知について

 医療費通知は,みなさんが保険診療を受けた場合に,保険診療費の額(10割分)をお知らせして,健康の大切さを認識していただくものです。
 現在福山市では,年に6回,通知をしています。
 みなさんが病気等で治療を受けた場合には,保険診療費の一定割合を負担すればよいことになっています。残りはみなさんの保険税と国からの補助金等でまかなっています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る