ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

寡婦年金

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日更新

支給要件

 第1号被保険者として保険料を納めた期間(免除期間も含む)が10年以上(1930年(昭和5年)4月1日以前に生まれた人は,生年月日に応じて21年~24年)ある夫が死亡したときに,夫に扶養されていて,死亡したときまで引き続き10年以上の婚姻期間があった妻に,60歳から65歳までの間支給されます。
 ただし,亡くなった夫が障害基礎年金または旧国民年金の障害年金の受給権者であったことがあるとき,または老齢基礎年金を受けていた場合は,支給されません。
※2017年(平成29年)8月から,受給資格期間が25年から10年に短縮されました。

年金額

 夫が受けることができた第1号被保険者期間に相当する老齢基礎年金の額の4分の3になります。

申請に必要なもの

年金手帳,世帯全員の住民票,死亡診断書,所得証明書,印かん,預金通帳 ,マイナンバーが確認できる書類(場合によっては戸籍謄本)

申請場所

市役所国保年金課または各支所

  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る