ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 国保年金課 > 2017年8月から70歳以上の方の高額療養費の自己負担限度額が変わりました

2017年8月から70歳以上の方の高額療養費の自己負担限度額が変わりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月1日更新

 2017年(平成29年)8月診療分から70歳以上「一般」と「現役並み所得者」の高額療養費の自己負担限度額が変更になりました。
 70歳以上の人の高額療養費は外来(個人単位)の限度額を適用した後に、外来+入院(世帯単位)の限度額で計算します。

8月から変更となる点

所得区分が一般(住民税課税世帯で2割か1割負担)の人

 ●外来のみ(個人単位)の場合
  自己負担限度額(月額)
   12,000円 ⇒ 14,000円 に変更されました。
   ただし、長期療養されている方の負担が増えないよう、年間限度額144,000円が新たに設定されました。
   8月から翌年7月までの合計額に対して適用されます。

 ●入院+外来(世帯単位)の場合
  自己負担限度額(月額)
   44,400円 ⇒ 57,600円 に変更されました。
   ただし、長期療養されている方の負担が増えないよう、同じ世帯で過去12ヶ月間に高額療養費に該当する月が4回目以降になった場合の限度額44,400円が設定されました。

所得区分が現役並み(住民税課税世帯で3割負担)の人

 ●個人単位(外来のみ)の場合
  自己負担限度額(月額)
   44,400円 ⇒ 57,600円 に変更されました。

    高額療養費の支給についてはこちら

    厚生労働省ホームページでも改正の内容をご覧いただけます。
    高額療養費制度を利用されるみなさまへ(厚生労働省)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る