ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 港湾河川課 > 鞆地区道路港湾整備事業のこれまでの経緯

本文

鞆地区道路港湾整備事業のこれまでの経緯

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年7月7日更新

鞆地区道路港湾整備事業による安心・安全なまちづくりをめざして

鞆地区道路港湾整備事業の当初計画が策定されてから今日まで積み重ねてきた,検討・議論の経過などについてご紹介します。
スナガニの写真

時     期行政の動き住民その他の動き
1983(昭和58)年12月福山港港湾計画の改訂
鞆地区の計画が位置づけられる
(埋立面積約4.6ha)
1988(昭和63)年
  ~1991(平成3)年
鞆町歴史的地区環境整備街路事業の実施
1989(平成元)年9月~福山市臨海部開発構想策定
1992(平成4)年 2月
  ~1993(平成5)年2月
鞆地区道路港湾計画検討委員会の開催(3回)
  ・埋立て架橋案での整備
  ・湾の形状を考慮,最小限の埋立て
1992(平成4)年12月県道整備について歴史的鞆港を保存する会が山岳トンネル案を提言
1993(平成5)年 2月鞆港整備並びに県道建設期成同盟会が港湾計画推進署名を市に提出
1993(平成5)年10月歴史的鞆港を保存する会が港湾計画反対署名を市に提出
1994(平成6)年 7月8,9日港湾計画案についての鞆地区全体説明会を開催
1995(平成7)年 3月23日港湾計画を変更(埋立面積約2.3ha)
1995(平成7)年10月10日
 ~1996(平成8)年 2月27日
鞆地区まちづくりマスタープラン策定委員会の開催(3回)
1996(平成8)年1月13日
 ~1998(平成10)年3月20日
鞆地区道路港湾景観検討委員会を開催(4回)
1996(平成8)年 2月27日鞆地区まちづくりマスタープラン策定 
1996(平成8)年11月~町並み保存について文化庁と協議
1997(平成9)年2月~町並み保存説明会開催
1997(平成9)年8月~町並み現況第一次調査
保存予定地の関係町内会に説明会を開催
1997(平成9)年3月景観検討委員会デザイン案発表
1998(平成10)年 5月 8日

広島県教育委員会が埋蔵文化財(たで場)の確認調査結果について発表

1998(平成10)年 6月 1日福山市鞆地区町並み保存整備推進事業基本要綱,補助金交付要綱施行
1999(平成11)年 2月町内会連絡協議会,明日の鞆を考える会が知事,県議会議長に港湾計画の早期実現を請願
1999(平成11)年 6月 4日港湾計画案について鞆地区全体説明会開催
2000(平成12)年 2月 4日港湾計画を変更
(埋立面積約2.0ha)
2000(平成12)年 2月港湾計画反対の地元4団体が知事らに港湾計画事業化の反対署名を提出
2000(平成12)年 9月27日福山市伝統的建造物保存群保存地区保存条例を制定
2001(平成13)年 8月 8日港湾計画について鞆地区全体説明会開催
2001(平成13)年 9月18日鞆の浦漁協埋立同意取得
2001(平成13)年10月11日世界文化遺産財団が「WMW(危機に瀕した遺産100)」に鞆を選定
2001(平成13)年10月31日鞆地区道路港湾整備早期実現総決起大会開催
2002(平成14)年2月18日芸備地方史研究会など全国49学会が国土交通省,文化庁長官あてに埋立て中止を要望
2002(平成14)年12月13日広島県知事と福山市長のトップ会談
  ・2003(平成15)年7月を目途に事業実施の可否を判断
2003(平成15)年 2月~9月市長が埋立てに関する排水の未同意者及び事業反対者を説得→断念
2004(平成16)年 6月10日鞆地区道路港湾整備早期実現期成同盟会から県知事,市長宛てに早期実現を要望[PDFファイル/90KB]
2004(平成16)年 9月 5日新市長が港湾計画推進に取り組むことを表明
2004(平成16)年12月27日広島県知事と福山市長が会談,事業推進を要望
2005(平成17)年 1月26日市長が国土交通省港湾局長に事業推進について要望
2005(平成17)年 6月16日

第1回鞆町まちづくり意見交換会を開催

2005(平成17)年 8月30日

第2回鞆町まちづくり意見交換会を開催

2005(平成17)年 9月28日福山市文化財保護審議会が「重要伝統的建築物群保存地区」の早急な取り組みを提言
2005(平成17)年10月14日『鞆町のまちづくり』ホームページを開設
2005(平成17)年10月21日国際記念物遺跡会議(イコモス)が道路橋の提案の破棄を求める決議
2005(平成17)年11月28日イコモスのメンバーが,広島県及び福山市に埋め立て架橋計画の再考の要望書を提出
2006(平成18)年 2月 6日『鞆町のまちづくり』ホームページへの意見などの報告会を鞆町で開催
2006(平成18)年 2月 8日広島県知事と福山市長が会談,事業推進を再要望
2006(平成18)年 5月26日 鞆の自然と環境を守る会他3団体が事業に対する公開質問状を提出  (6月29日,9月28日,12月6日にも)
2006(平成18)年 6月20日「鞆を愛する会」他9団体がまちづくりの検討の場の設置に関する要望署名を提出
2006(平成18)年 8月10日芸備地方史研究会が事業の凍結解除に関する質問書を提出
2006(平成18)年 11月1日  推進派4団体が福山市長へ埋立架橋計画早期実現を求め要望書,提案書「迎賓都市・鞆の浦」を提出
2006(平成18)年 11月13日鞆地区道路港湾整備事業のフォトモンタージュによる鞆町の将来像を示したパンフレットを作成,鞆町全世帯,議会に配布  
2006(平成18)年 12月町並み保存のための基金創設を福山市長が議会で表明  
2006(平成18)年 12月25日  推進派4団体が国土交通大臣へ埋立架橋計画早期実現を求め要望書,提案書「迎賓都市・鞆の浦」を提出
2007(平成19)年 1月20日  鞆地区道路港湾整備早期実現決起集会が開催され住民約700人が参加
2007(平成19)年 2月16日  鞆の浦が「美しい日本の歴史的風土100選」に選定((財)古都保存財団)
2007(平成19)年 3月16日  映画監督大林宣彦氏らが呼びかけ,計画反対の全国組織を立ち上げ
2007(平成19)年 3月30日  鞆の世界遺産実現と活力あるまちづくりをめざす住民の会」が事業差し止め訴訟に向け原告・弁護団を結成
2007(平成19)年 4月24日  反対派住民163人が県知事を相手に埋立て免許の差し止めを求める訴訟を広島地裁に提出
2007(平成19)年 5月16日鞆町全世帯及び関係権利者を対象とした事業説明会を開催(約700人が参加)
2007(平成19)年 5月23日広島県及び福山市が,公有水面埋立免許申請を出願
2007(平成19)年 7月12日公有水面埋立免許願書の縦覧を実施(~8月日まで)
2007(平成19)年 9月3日埋立免許差止訴訟に福山市が補助参加の申出
2007(平成19)年 9月12日鞆地区道路港湾整備事業早期実現期成同盟会が市議会に早期実現の請願書を提出 
(9月18日議会採択)
2007(平成19)年 7月26日埋立免許差止訴訟原告団が仮の差し止めを申出 (2008年2月29日却下)
2007(平成19)年 11月28日

広島県知事(免許庁)より,埋立てについて市長に意見照会
(「異議のない旨意見を述べる」議案を12月21日可決)

2008(平成20)年6月23日広島県知事(免許庁)が,埋立てについて免許できると判断,国土交通省中国地方整備局長に認可を申請
(8月1日補足説明の提出を求められる)
2008(平成20)年7月10日埋め立て架橋事業推進4団体が,日本イコモスに対し公開質問状を送付(世界遺産発言に対する真意)(→7月25日回答,9月8日再質問送付)
2008(平成20)年10月4日イコモスが第16回総会において,埋め立て架橋事業の中止,認可取り下げを求める決議
2008(平成20)年10月23日「鞆の世界遺産実現と活力あるまちづくりをめざす住民の会」が国土交通大臣に認可しないよう要望書を提出(12万人の署名というものを提示したが,持ち帰る。)
→24日大臣会見で「一般論として,風光明媚なところは避けたほうがいい」と発言)
2008(平成20)年11月12日イコモス会長グスタボ・アローズ氏が計画中止の総会決議を尊重するよう親書を送付
2008(平成20)年12月5日福山市市議団「福山市都市基盤整備促進議員連絡会議」及び推進派住民63人が,中国地方整備局に早期認可を要望
2008(平成20)年12月11日推進派住民団体が,1194名の事業推進の意見書を集め,裁判所に届けてもらうよう市長に提出
2008(平成20)年12月15日福山市自治会連合会南部ブロック(48町内会)が,沼隈半島全体の発展のために事業推進を市長に要望
2008(平成20)年12月25日知事が国土交通大臣に現状説明
2009(平成21)年1月28日

市長が国土交通大臣と会談,早期認可を要請
→会見で「国民同意を取り付けて欲しい。」と大臣が発言

2009(平成21)年3月26日反対派住民らが,知事に直接対話を求める要望書を提出(12万人の署名を提示したが,また持ち帰る。)
2009(平成21)年4月1日鞆町のまちづくりの総合調整を図るため,「鞆まちづくり推進担当課長」を専任配置
2009(平成21)年5月1日観光客等にも鞆町が抱える問題点と事業の必要性を知ってもらうよう,市営渡船場にPRパネルを設置(7月1日には港にも設置)
2009(平成21)年9月2日観光客等へのPRの一環として市営渡船場にPRビデオ視聴機を設置
2009(平成21)年10月1日埋立免許差止訴訟について,広島地裁は原告の景観利益を認め免許差止を命じる。
2009(平成21)年10月15日埋立免許差止訴訟について,地裁判決を不服として広島県が控訴。
2009(平成21)年11月4日イコモスのグスタボ・アローズ会長が鞆を視察。
2009(平成21)年11月8日広島県知事選挙において,「埋立架橋計画には慎重な対応が必要」とする湯崎知事が当選。
2009(平成21)年12月21日市長と新知事が初会談。
2010(平成22)年1月11日知事が鞆を視察,推進派・反対派両代表らとそれぞれ意見交換会。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)