ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

福山市地域おこし協力隊員を募集します

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月10日更新
 3大都市圏をはじめとする都市地域等から福山市内に生活の拠点を移し,一定期間,特産品開発や農林水産業への従事などの地域協力活動を行いながら,定住をめざす,福山市地域おこし協力隊員を次のとおり募集します。

受付期間

2017年(平成29年)8月10日(木)~同年9月15日(金曜日)

対象

次の要件をすべて満たす者

□応募時点で3大都市圏をはじめとする都市地域等に居住し,活動期間中,福山市内に居住し,住民票を異動することができること。ただし,委嘱を受ける前に福山市に住民票がある者を除く。

 (※)地域おこし協力隊の地域要件は,総務省「地域おこし協力隊」ホームページでご確認いただくか,現在居住している市区町村にお問い合わせください。

□地域の活性化に積極的に取り組むことができること(年齢,性別,学歴は問いません)

□普通自動車運転免許を有していること

□パソコン(ワード,エクセル,パワーポイント),インターネット(SNSなど)の一般的な操作ができること

□地域の魅力を積極的に情報発信することができること

募集人数

2人以内

募集内容

次の区分から1つ選択してください。

区分

主な活動内容

ばらのまちづくり

ばらの育苗,商品開発,販路開拓,ばらを活用した地域活性化策の企画・運営,情報発信

水産業振興によるまちおこし

水産業への従事,水産業振興策の企画・運営,地域活性化策の企画・運営,情報発信

ワインを生かしたまちおこし

ぶどう栽培,酒類製造・販売業の免許取得,ワイン製造,販路の確保,備後産ワインのPRイベントの企画・運営,情報発信

里山の魅力アップ

農産物の活用方法の企画・運営,空き家バンクの運営補助,地域活性化策の企画・運営,情報発信

※いずれの項目も活動場所は福山市全域です。

身分・報償費など

・福山市地域おこし協力隊員として市が委嘱します(市との雇用関係はありません)

・委嘱期間は,2018年(平成30年)3月31日(土曜日)までです
 (※)最長3年まで延長する場合があります

・予算の範囲内で,活動に応じて,報償費166,000円以内(月額),活動補助金200万円以内(年度)を交付します
 (※)別に,所定の手続が必要

申込方法

2017年(平成29年)9月15日(金曜日)までに必要書類をまちづくり総務課へ郵送または持参により提出してください。

(※)詳細は,募集要項を参照してください

面接

次のいずれかに出席してください。
時間などの詳細は,改めて申込者にご連絡いたします。

福山会場 2017年(平成29年)9月30日(土曜日)
東京会場 2017年(平成29年)10月1日(日曜日)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る