ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 松永はきもの資料館(あしあとスクエア) > 松永はきもの資料館(あしあとスクエア)の沿革

松永はきもの資料館(あしあとスクエア)の沿革

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月1日更新

 1878年(明治11年)に松永で下駄づくりが始まり,「下駄産業100年」を記念して財団法人遺芳文化財団において1978年(昭和53年)に日本はきもの博物館を設立。1994年(平成6年)には日本郷土玩具博物館を併設。設立から35年の運営を経て,2013年(平成25年)11月25日に両館とも閉館となる。2015年(平成27年)3月,当財団から福山市が寄附を受け,内容を一新し,福山市松永はきもの資料館(愛称:はきものスクエア)として2015年(平成27年)7月4日にリニューアルオープン。