ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 農林水産課 > 2018年度(平成30年度)中山間地域等直接支払交付金の実施状況について

2018年度(平成30年度)中山間地域等直接支払交付金の実施状況について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月19日更新

 中山間地域等直接支払交付金実施要領第12の規定により,2018年度(平成30年度)の集落協定及び個別協定の実施状況を次のとおり公表します。

2018年度福山市中山間地域等直接支払交付金の実施状況 [PDFファイル/183KB]

 

1 制度の概要

 中山間地域等直接支払制度は,農業の生産条件が不利な地域における農業生産活動を継続するための支援を行う制度として2000年度(平成12年度)から実施されており,2015年度(平成27年度)から第4期対策(平成27年度から令和元年度)が開始されています。

 また,同じく2015年度(平成27年度)からは,法律に基づいた安定的な措置として実施されています。

 

2 制度の仕組み

 農業生産条件の不利な中山間地域等において,集落等を単位に,農用地を維持・管理していくための取決め(協定)を締結し,それにしたがって農業生産活動等を行う場合に,面積に応じて一定額を交付する仕組みです。

 詳細については,中山間地域等直接支払制度パンフレット [PDFファイル/1.51MB]をご覧ください。

 

3 福山市での実施状況

 福山市では,現在8地域(集落協定7地域及び個別協定1組織)において,協定に基づいた活動が実施されています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)