ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 農林水産課 > ツメタ貝による被害対策について

ツメタ貝による被害対策について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月2日更新

ツメタ貝による被害対策について

  ツメタ貝(ツブニシ)が発生し,アサリを食い荒らす被害が出ているため,昨年から駆除のための取り組みが行われています。市民のみなさんの力でツメタ貝を追い詰めましょう!

(作戦その1)卵を乾燥させちゃいましょう!

 ツメタ貝の卵は,「砂茶碗(すなじゃわん)」と呼ばれる塊となっています。
 陸に上げて乾燥させちゃいましょう!

(作戦その2)食べちゃいましょう!

 ツメタ貝は,ゆでると意外においしいと聞きます。料理を工夫すれば,まだまだおいしく食べられるようです。
 おかずにして食べちゃいましょう!

ツメタ貝と砂茶碗(すなじゃわん)

<写真の解説>
(上)ツメタ貝と砂茶碗(すなじゃわん)です。
(中)ツメタ貝に食べられたアサリです。小さな穴が開いています。
(下)砂茶碗(すなじゃわん)が,干潟にいる様子を再現しました。

ツメタ貝に食べられたアサリです。小さな穴が開いています。
砂茶碗(すなじゃわん)が,干潟にいる様子を再現しました。

※ツメタ貝のかんたん料理レシピ 

  (1)一昼夜,塩水に漬ける。
  (2)少し塩を入れてゆでる。
  (3)ゆだったら,しょうゆと酒とみりんで,好みに味つける。
  (4)再び沸騰させて5分程度ゆでる。
  (5)火を止め,少し置いて味を含ませて食べる。

 塩でゆでるだけでもおいしいということです。殻から取り出して,薄切りにして食べる人もいるとか。