ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 納税課 > 納税Q&A 12 市・県民税(特別徴収)の督促状が届いたが

納税Q&A 12 市・県民税(特別徴収)の督促状が届いたが

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月18日更新

市・県民税(特別徴収)の督促状が届いたが

Q.12 会社で市・県民税の特別徴収を行っていますが,先日,督促状が届きました。どのようにすれば良いですか。

A.12 会社で特別徴収している方が退職などで異動された場合は,市民税課から当初発送の納入書に同封しています「特別徴収のしおり」の中にある「給与所得者異動届出書」(以下「異動届」といいます。)を市民税課にご提出いただき,給料からの市・県民税の特別徴収ができない旨を報告しなければならないことになっています。
    この「異動届」がない場合は,異動状況を市では把握できませんので,今までどおりの金額になっており,差額分を督促状として送付しました。

    また,新規で市・県民税の特別徴収する方が増えたにもかかわらず,納入書の金額を訂正せずに以前の金額のままで誤って納めてしまった場合でも不足分の督促状を送付します。
    その場合,次月納付の際に納入書の金額を訂正して納めていただいても結構ですが,金額によっては延滞金がかかる場合がありますので,必ずご連絡ください。

リンク「異動届」についてはこちら(市民税課「特別徴収関係様式ダウンロード」にリンクします。)