ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 納税課 > 市・県民税の配当割額・株式等譲渡所得割額の還付について

本文

市・県民税の配当割額・株式等譲渡所得割額の還付について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月13日更新

市・県民税の配当割額・株式等譲渡所得割額の還付について

  上場株式等に係る配当所得・株式等譲渡所得については,所得税の源泉徴収にあわせて市・県民税も特別徴収されますので申告不要ですが,申告された場合は,当該所得の5%相当額が配当割額または株式等譲渡所得割額として市・県民税の所得割・均等割の額から控除します。

  当該年度の賦課決定後,納税通知書発送前に当該年度の市・県民税に所得割に充当し,控除しきれなかった部分(控除不足額)は,税額に充当または還付します。

  還付通知書見本のとおり,「口座振込依頼書」を切り取り,必要事項をご記入・押印のうえ,同封の返信用封筒でご返送ください。(入金までには,「口座振込依頼書」が市に届いてから2,3週間かかりますので通帳記帳でご確認ください。)

 PDFファイル配当割額・株式等譲渡所得割額還付通知書(見本)はこちら [PDFファイル/232KB]

 確定申告書B(第二表)

確定申告書の配当割額・株式等譲渡所得割額記入例画像 配当割額控除額1,500円(控除例1),株式等譲渡所得割額控除額35,000円(控除例2)

控除の仕方申告や計算方法についてのお問い合わせは市民税課へお願いします

市民税 配当割額または株式等譲渡所得割額×5分の3

県民税 配当割額または株式等譲渡所得割額×5分の2

 

上場株式等に係る配当所得を申告したとすると…

控除例1(非課税の場合)⇒全額還付

配当所得      30,000円

配当割額控除額 1,500円(市民税900円・県民税600円)A

税額(非課税)

所得割             0円(市民税  0円・県民税  0円)B

均等割          0円(市民税  0円・県民税  0円)C

還付額(A-B-C)…(AマイナスBマイナスCは) 1,500円(市民税900円・県民税600円)

 

上場株式等の譲渡に係る所得を申告したとすると…

控除例2(税額がある場合)⇒充当後残りを還付

株式等譲渡所得        700,000円

株式等譲渡所得割控除額 35,000円(市民税21,000円・県民税14,000円)A

税額

所得割        20,000円(市民税12,000円・県民税8,000円)B

均等割          5,500円(市民税3,500円・県民税2,000円)C

還付額(A-B-C)…(AマイナスBマイナスCは) 9,500円(市民税5,500円・県民税4,000円)

リンク市民税課へのお問い合わせはこちら

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)