ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 産業振興課 > 障がい者の法定雇用率について

障がい者の法定雇用率について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月15日更新

2018年(平成30年)4月1日より障がい者の法定雇用率が引き上げられます

 障がい者の雇用については,「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づき,法定雇用率以上の割合で障がい者を雇用する義務があります。

 2018年(平成30年)4月1日より法定雇用率が引き上げられますので,事業主の皆さまはご注意ください。

事業主区分

法定雇用率

現行

2018年(平成30年)4月1日以降

民間企業

2.0%

2.2%

※今回の法定雇用率の引き上げに伴い,障がい者を雇用しなければならない民間企業の事業主の範囲が,従業員50人以上から45.5人以上に変わります。

※2021年(平成33年)4月までには,更に0.1%引き上げとなります。

 

障害者の法定雇用率の引き上げについて(厚生労働省ホームページ)