ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 産業振興課 > 福山のリノベーションまちづくりが動き始めています!

福山のリノベーションまちづくりが動き始めています!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月7日更新
福山駅前の魅力やにぎわいを取り戻すプロジェクトが動き始めています。
第1回リノベーションスクール@福山の提案事業が、ついにスタートしました。

リノベーションまちづくりとは

「リノベーションまちづくり」とは,まちににぎわいを取り戻し,エリア全体の価値を高めたいという地権者と事業者,そしてその両者をつなぐ者,この三者が協力しながら,既存の遊休不動産を,これまでにない新しい使い方で積極的に活用し,まちの魅力やにぎわいを生み出す手法です。 

リノベーションスクール@福山とは

リノベーションスクール@福山とは,市内外から集まった受講生が8人程度のユニットに分かれ,まちなかに実在する遊休不動産等を題材として,エリア価値を高めるリノベーションの事業プランを練り上げる,極めて実践的なスクールです。
3日間のカリキュラムのなかで,全国で多彩な活動をしている講師陣とともに,実現可能な事業プランを作成することを通じ,企画,デザイン,プレゼンテーション,事業収支の計算手法などのスキルを高めることができます。最終日には,事業プランを公開プレゼンテーションで,地域の方々と不動産オーナーに提案します。
スクール後は,それぞれの提案をもとにブラッシュアップを重ね,自らの手で事業化をめざします。
スクールの成果は,建物の再生にとどまらず,周辺エリアの価値を高め,まちを再生していくことにつながります。

リノベーションスクール開催風景① リノベーションスクール開催風景② リノベーションスクール開催風景③

リノベーションスクール@福山 実事業化案件1号について

福山駅前の伏見町にある築50年以上の空きビルが、肉バルやゲストハウスとして生まれ変わりました。

1~2階 肉バル「IKEGUCHI MEAT PUBLIC HOUSE」  (※2018年12月7日OPEN)

福山ブランド認定品「池口精肉店のミンチカツ」を提供する(有)池口精肉店による飲食店。
精肉店直営ならではの黒毛和牛と自家製ミートデリカを楽しむ酒場です。
店名には、「お肉を通じて人が集う場所に」という想いが込められています。
https://ikeguchi-mph.therestaurant.jp/

IKEGUCHI MEET PUBLIC HOUSE 写真① IKEGUCHI MEET PUBLIC HOUSE 写真② IKEGUCHI MEET PUBLIC HOUSE 写真③

3~5階 ゲストハウス「AREA INN FUSHIMI CHO」 (※2018年12月14日OPEN)

まち全体を宿に見立てた「まちやど」。伏見町内の細い路地の奥でチェックインを済ませてまちの中に点在する客室を利用します。食事はまちなかの飲食店へ。まちの日常を堪能するプロジェクトです。

https://areainn.jp/fushimicho/

AREA INN FUSHIMI CHO 写真① AREA INN FUSHIMI CHO 写真② AREA INN FUSHIMI CHO 写真③

このビルの再生は、池口精肉店 企画室長の池口峻平さんが第1回リノベーションスクール@福山に参加したことがきっかけとなりました。

ビル再生のきっかけとなったリノベーションスクールは、次回第3回を2019年1月25日(金)~27日(日)に開催します。

受講生は12月21日まで募集中です。参加をお待ちしております。

 

第3回リノベーションスクール@福山 受講生募集について

申し込み方法は以下のリンクよりWebサイトの応募フォームからお申込みください。

https://re-re-re-renovation.jp/schools/fukuyama03