ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 産業振興課 > 法定雇用率が引き上げられました(障がい者雇用率制度)

法定雇用率が引き上げられました(障がい者雇用率制度)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月1日更新

すべての事業主は,法定雇用率以上の割合で障がい者を雇用する義務があります。

この法定雇用率が,2013年(平成25年)4月1日から引き上げられました。

事業主区分法定雇用率
平成25年3月31日以前平成25年4月1日以降
民間企業1.80%2.00%
国,地方公共団体等2.10%2.30%
都道府県等の教育委員会2.00%2.20%

また,今回の法定雇用率の変更に伴い、障がい者を雇用しなければならない事業主の範囲が、従業員56人以上から50人以上に拡大されます。

こちらにもご注意ください。

障害者雇用率制度(厚生労働省)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る