ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 産業振興課 > 福山市中小企業融資制度Q&A

福山市中小企業融資制度Q&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月1日更新
これで解決!福山市中小企業融資制度に関するQ&A
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会 福山市中小企業融資制度の仕組みはどのようになっているのですか?
 福山市は融資の原資の一部を金融機関に預託し,これに金融機関の資金を加え融資枠を設定しています。
 必要に応じて,本市は追加預託をして,年間を通して十分な融資枠を確保しています。
 金融機関は申し込み企業を審査の上,必要に応じて広島県信用保証協会の信用保証を付け,福山市の定める融資条件で融資します。
 なお,融資の申込に際して,紹介料・手数料等は一切不要です。
 「融資のあっせんをしますよ。」と,あたかも福山市や保証協会などの行政・公的機関と密接な関係があり,便宜が図られるかのようなふれこみで,これらの窓口を紹介して不当なあっせん料・手数料を要求する悪質な仲介者がいます。
 金融あっせん・保証金詐欺等にご注意ください。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会福山市が融役立てるのではないのですか?
 金融機関が融資しています。市が直接融役立てるものではありません。
 福山市は融資の原資の一部を金融機関に預託し,これに金融機関の資金を加えて,金融機関が融役立てるという協調融資方式を採用しています。市の資金が一部入ることにより,低利で融資ができるわけです。
 (1)預託金をてこに,その数倍の融資枠を設けることにより,年間を通して中小企業者の資金需要に十分応えることができること。
 (2)金融審査・債権回収のノウハウを豊富に持つ金融機関が主体となって,自らの責任によって融資を行うほうが,公金を運用する上で健全性が保てること。
 以上の理由から,福山市はこの方式を採用しています。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会貸付限度額の範囲内であれば,申し込んだ金額が必ず借りられるのですか?
 福山市中小企業融資制度は,福山市が資金を金融機関に預託し,それを呼び水として金融機関の資金を加え,金融機関が融資を行うもので,融資の円滑化を図るため基本的に信用保証協会の保証を付すことになっています。
 こうした制度のしくみ上,融資を申し込まれた方については,信用力について金融機関及び信用保証協会が独自に審査しますので,必ずしも希望される金額が融資されるとは限りません。経営内容によってはご希望にそえない場合があります。
 本市融資制度は,中小企業者が利用しやすいよう融資条件等の改善を加えながら,可能な限り融資を行う方向で運用しているところですが,公的制度とはいえ運用にかかる一定の諸条件を整える必要があり,融資を申し込む企業においても,最低限その条件を満たすよう努力することが求められます。
 したがって,融資を申し込むに当たっては,十分に資金計画を検討した上で,取扱金融機関または信用保証協会に相談してください。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会福山市中小企業融資制度は,民間金融機関の通常の融資と何が違うのですか?
 中小企業者の負担を軽減するため,取扱金融機関の協力をいただき,低利なものにしています。また,固定金利であり,しかも元金均等返済なので返済計画が立てやすいのも特長です。
 通常,金融機関の融資期間は3~5年ですが,福山市中小企業融資制度をご利用になると6~10年の長期の融資が受けられます。
 また,信用力が十分でなくても制度の利用ができるように,広島県信用保証協会の保証を付けて信用力不足を補います。保証が付くことで債務が保証されるため,借りやすくなり,連帯保証人の数も少なくて済みます。保証機関も公的機関なので,さらに安心して活用できます。
 金融にかかる費用は金利に保証料を加えても低く抑えられ,とても活用しやすい融資制度です。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会住所は福山市内にある個人事業者ですが,事業所は市外(広島県内)にあります。融資対象となりますか。
 市内に事業所がないため,融資対象とはなりません。広島県の融資制度等の活用をご検討ください。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会個人事業者から法人成りしました。「市内で1年以上同一事業を営む中小企業者」に該当しないのでしょうか。
 個人から法人成りした場合の事業経歴は,原則として個人の事業経歴も通算します。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会融資条件の中にある「広島県信用保証協会の保証対象事業」とは何ですか。
 中小企業であれば,ほとんどの業種を対象としています。
 ただし,農業,林業,漁業,狩猟業,水産養殖業,金融業,保険業,遊興娯楽業等はこの制度をご利用できません。宗教法人,非営利団体等もまたご利用できません。
 ご不明な点は広島県信用保証協会福山支所へお問い合わせください。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会小規模事業資金の融資条件に「商業・サービス業は従業員が10人以下」とありますが,運輸業は該当しますか?
 商業・サービス業とは,小売業・卸売業・飲食業・サービス業のことです。
 製造業・建設業・運輸業は「従業員が30人以下」の企業が利用することができます。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会小規模事業資金の融資条件の中の従業員に,パート・アルバイトは含みますか?
 臨時の使用人(パート・アルバイト),個人事業主,個人事業主の家族従業員(事業主と生計を一にしている三親等内の親族),会社役員は従業員に含みません。
 ただし,パート・アルバイト等名目は臨時雇いであっても,経営上不可欠な人員(年間営業日数の半数以上就労している等)は「常時使用する従業員」の範囲に含まれます。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会保証料率はいくらですか。
 信用保証協会が審査の上,定めます。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会担保や連帯保証人は必要ですか。
 融資に際しての保証人・担保については,金融機関または信用保証協会が,申込者の希望を伺いながら,なるべく融資が実行できるように判断することになっています。
 なお,創業支援資金・ベンチャー企業支援資金については,,無担保無保証人でご利用いただけます。
 
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会借入形式は何ですか。
  証書貸付または手形貸付です。どちらにするかは金融機関が決めます。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会無担保無保証人で利用できる制度はありますか。
 創業者向けの制度(創業支援資金)が,無担保無保証人でご利用いただけます。
 それ以外の方で,無担保無保証人制度をお探しでしたら,日本政策金融公庫の経営改善貸付,広島県の小口資金,または広島県信用保証協会の特別小口保証を利用した融資の活用をご検討ください。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会取扱金融機関はどこでしょうか。
 市の融資制度の取扱金融機関は,市内に本店,支店がある地方銀行,信用金庫,信用組合,及び商工組合中央金庫です。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会融資の申込先はどこですか。
 取扱金融機関の融資窓口へ直接お申し込みください。
 ただし,産業団地企業立地資金については,市長(産業振興課)のあっせんが必要です。
 いずれの融資制度も,申込に際して,紹介料・手数料等は一切不要です。
 「融資のあっせんをします。」と,あたかも福山市や保証協会などの行政・公的機関と密接な関係があり,便宜が図られるかのようなふれこみで,これらの窓口を紹介して不当なあっせん料・手数料を要求する悪質な仲介者がいます。
 金融あっせん・保証金詐欺等にご注意ください。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会申込期限がありますか。
 福山市中小企業融資制度は,盆・年末資金を除き,年中ご利用いただけます。
 福山市では取扱金融機関への預託金が不足した場合,追加預託をしていますので,年度中途で受付終了になることはありません。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会申し込みに必要な書類は何ですか。
 金融機関所定の借入申込書,決算書,市税の完納証明書(1か月以内のもの)などが必要です。
 詳しくは,金融機関の指示に従ってください。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会市税の完納証明書はどこで発行していますか。
 税制課(市役所本庁舎2階)及び各支所の税務担当窓口等にて発行しています.。
 完納証明(市税の滞納がないことの証明)の手数料は,1件 300円です。
 税制課(本庁舎2階)  084-928-1152
 松永税務課(西部市民センター2階)  084-930-0404
 北部税務課(北部市民センター2階)  084-976-8804
 神辺税務課(神辺支所2階)  084-962-5006
 東部市民課(東部市民センター1階)  084-940-2570
 新市支所(新市支所1階)  0847-52-5516
 沼隈支所(沼隈支所2階)  084-980-7708
 鞆支所  084-982-2660(代)
 内海支所  084-986-3111(代)
 芦田支所  084-958-2511(代)
 加茂支所  084-972-3111(代)
 水呑分室  084-956-1011
 熊野分室  084-959-1236
 山野分所  084-974-2001
 内浦分所  084-986-3912
 なお,代理の方が税証明の交付申請をする際には,次のものをお持ちください。
1 窓口に来られる代理の方のご本人確認ができるもの
    (運転免許証・健康保険証など)
2 委任状(様式は税担当へお問い合わせください。)    
 本市は,「負担の公平性の確保」及び「自主財源確保」を重要課題と位置づけ,市税等各種収入金の収納率向上対策に取り組んでおり,その一環として,融資制度申込の条件に「市税の完納証明書の添付」をお願いしています。皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会申込から貸付実行まで,どれくらいの日数がかかりますか。
 審査の目安としては,20日間程度を要します。
 信用保証協会のご利用が初めての場合はさらに日数を要します。そのため,余裕をもってお申込くださいますようお願いします。なお,年末など申込が集中する時期には,これより長くかかることもありますので,ご注意ください。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会福山市中小企業融資制度にセーフティネット保証を利用できますか。
 利用できます。
 セーフティネット保証は,通常の保証限度額とは別枠の保証であり,保証料率も優遇されており,お得です。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会金利の見直しはありますか。
 市場金利等の動向を見ながら適切見直しをしています。
 見直しについては,このホームページでのご案内のほかに,
(1) 広報ふくやまへの記事掲載
(2) 中小企業総合相談会・各種セミナー等での資料配布
(3) 取扱金融機関,商工会議所及び商工会の窓口でのご案内
(4) 福山商工会議所及び広島県中小企業団体中央会等が発行する機関誌への記事掲載
(5) 報道機関への記事掲載依頼
によりお知らせしています。
 なお,本市制度はすべて固定金利ですので,すでに実行されている融資の金利については,約定時のとおりであり,変更はありません。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会事業用の土地を購入するために融資してくれますか。
 土地取得費は対象外です。(環境保全資金及び産業団地企業立地資金を除く)
 広島県の融資制度においても,土地取得費は原則として対象ではありません。
 日本政策金融公庫融資の活用をご検討ください。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会市外での設備投資に融資してくれますか。
 本市制度は,市内での設備投資に限ります。広島県内であれば,広島県の融資制度の活用をご検討ください。
 また,県外であれば,日本政策金融公庫融資の活用をご検討ください。
ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会取引先の経営破綻(倒産)によって売掛債権が焦げ付き,資金繰りに困っています。特別融資制度がありますか。

 倒産企業に対し売掛金債権等を有していることにより資金繰りに支障が生じている中小企業者向けの,連鎖倒産防止のための施策には次のようなものがあります。
 負債規模の大きな「大型倒産」の場合に限り活用できる施策と,いつでも活用できる施策があります。順に説明します。

(1)国が,その倒産企業を「再生手続開始申立等事業者」(大型倒産事業者)として指定した場合,広島県信用保証協会の経営安定関連保証(セーフティネット保証)等を活用することができます。

 セーフティネット保証とは,国が指定した大型倒産等により経営の安定に支障を生じている中小企業者であって,事業所の所在地を管轄する市長の認定を受けたものを対象に,資金供給の円滑化を図るために,信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で保証を行う制度です。国の指定状況は,中小企業庁ホームページに掲載されています。

 通常の枠(普通保証2億円,無担保保証8千万円等)に加えて,さらに別枠で,普通保証2億円,無担保保証8千万円等の保証の利用が可能となるほか,一般保証に比べて割安な保証料で保証を受けることが出来るようになります。
 対象となる中小企業の方は,本店(個人事業主の方は主たる事業所)所在地の市の商工担当課(福山市では産業振興課)の窓口にて認定を受け,希望の金融機関または信用保証協会に認定書を持ってくるのうえ,保証付き融資を申し込むことが必要です。
 なお,保証協会または金融機関による審査の結果,ご希望にそいかねる場合がありますので,あらかじめご了承ください。
 <手続きの流れ>
   国が大型倒産企業を指定事業者として指定した(※1)→ 
   その債権者(融資希望者)は産業振興課へ認定申請(※2)→ 
   認定書を持って金融機関へ融資申込→ 
   金融機関と保証協会の審査→ セーフティネット保証付き融資実行
(※1) 国(経済産業大臣)が大型倒産企業を指定する基準は,
    負債総額30億円以上または一般負債額(負債総額から金融機関からの
    借入金,公租公課,労働債務を除く)が3・5・10億円以上で,かつ相当数
    取引中小企業者の経営に悪影響がある等と認められる場合です。
     指定の詳しい内容は,
    中国経済産業局 中小企業課 電話 082-224-5661 (直通)
    にお問い合わせください。
(※2)市での認定基準は,次のとおりです
    (ア)国の指定事業者に対して50万円以上売掛金債権をもつ
      または
    (イ)50万円未満の売掛金債権であるが,指定事業者との取引規模が
      20%以上である
 また,セーフティネット保証(経営安定関連保証)と併せて,広島県の「緊急対応融資(セーフティネット資金<国指定>)」を利用するとたいへん有利です。ご検討ください。

(2)広島県が,その倒産企業を「再生手続開始申立等事業者」として指定した場合,広島県の「緊急対応融資(セーフティネット資金<県指定>)」を活用することができます。

 広島県の「緊急対応融資(倒産防止等資金<県指定等>)」は,県が指定した事業者(倒産企業)に対して,50万円以上の売掛債権等の関連債権を有しているか,事業者との取引規模が20%以上であって関連債権を有している場合に申込むことができます。指定状況は,広島県のホームページで公開されています。
 なお,市役所(産業振興課)への認定申請は必要ありません。
 <手続きの流れ>
  広島県が倒産企業を指定事業者として指定した(※1)→ 
  その債権者(融資希望者)は県制度の取扱金融機関へ融資申込→ 
  金融機関・保証協会の審査→ 融資実行
(※1)広島県が倒産企業を指定する基準は,
    負債金額(金融機関からの借入金を除く)が概ね1千万円以上等です。
    指定の詳しい内容は,
    広島県 商工労働局 経営革新課 金融企画グループ 
    電話 082-513-3321 (直通)にお問い合わせください。

(3)倒産企業の負債規模の大きさを問わず,その倒産により経営に困難をきたしているものの,中長期的にはその業況が回復すると見込まれる方は,日本政策金融公庫の「セーフティネット貸付(取引企業倒産対応資金)」を活用することができます。

対象者 :  関連企業の倒産に伴い経営に困難を来している方
融資限度額・融資期間:
    国民生活事業 運転資金 別枠 3,000万円
              5年以内(うち据置期間3年以内)
    中小企業事業 運転資金 別枠 1億5,000万円
              8年以内(うち据置期間3年以内)
詳細については,(株)日本政策金融公庫福山支店
電話 084-922-6550 にお問い合わせください。
  ※ この制度で倒産企業というのは,破産・民事再生等の法的倒産手続が
    取られた場合のほか手形不渡りにより取引停止処分を受けた場合,
    私的整理に入った場合その他を含みます。
  ※ 平成20年10月1日,国民生活金融公庫,農林漁業金融公庫,
    中小企業金融公庫及び国際協力銀行(国際金融等業務)は統合し,
    株式会社日本政策金融公庫(以下「政策公庫」)が発足しました。
    政府が株式の全額を常時保有する政策公庫は,公共性の高い
    政策金融を担っています。

(4)中小企業基盤整備機構の経営セーフティ共済加入者は,経営セーフティ共済貸付(中小企業倒産防止共済貸付)を活用することができます。 

 これは,取引先企業が倒産した場合,積み立てた掛金総額の10倍の範囲内(最高3,200万円)で回収困難な売掛債権額以内の共済金の「貸付け」が受けられる中小企業倒産防止共済法(昭和52年法律第84号)に基づいた共済制度です。国が全額出資している独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営しています。
 取引先企業の倒産により連鎖倒産や経営難に陥ることのないよう,万一に備えて,まだ加入されていない方は,加入を検討してみましょう。
 加入申し込み手続等については,福山商工会議所・各町商工会(福山あしな・福山北・神辺町・沼隈内海)にお問い合わせください。詳しいリーフレットも用意しています。
 一方,Fax・ダイレクトメールなどで,中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)の利用のお手伝いを語り,入会金・年会費や保証料などを振り込ませるという事件が発生しています。中小企業倒産防止共済制度は,入会金・年会費や保証料は必要ありません。手助けのふりをした不審な勧誘・斡旋にご注意ください。

(5)相談窓口のご案内です。参考にしてください。

  福山商工会議所 経営安定特別相談室  084-921-8734
  広島県商工会連合会東部支所 経営安定特別相談室  084-960-3107
  神辺町商工会     084―963―2001
  福山あしな商工会   0847―52―4882
  福山北商工会     084―976―3111
  沼隈内海商工会    084―987―0328
  広島県信用保証協会福山支所 084―923―4893
  (株)日本政策金融公庫福山支店 084-922-6550
  中国経済産業局 中小企業課  082-224-5661
  広島県 経営革新課 金融企画グループ 082-513-3321
  福山市経済環境局経済部産業振興課 084-928-1041

ふくやま地方中小企業勤労者福祉共済会金融機関に融資について打診したところ,色よい返事をくれません。どうすればいいでしょうか。

 金融機関(保証協会も同様)は,当然ながら,貸付金が無事回収できるかどうかに審査の主眼を置いています。
 例えば,業績が極端に悪化し大幅な債務超過の状態に陥っており,事業好転が望めず事業継続が危ぶまれる場合や,多額な借入を利用していて返済に支障を来すおそれがある場合など,財務内容が極めて悪い企業は,借入の返済能力に不安があると金融機関から見なされてしまいます。業績悪化の初期段階から,早めの原因究明と対処が大切です。
 融資を受ける側としては,この点を十分に考えて,金融機関からの信用が勝ち取れるように予め条件を整えておくことが大切です。
 そこで,その条件として考えられるものとしては,
(1)技術力があること
(2)収益力があることまたは回復する見込みがあること
(3)財務状況が決算書に正確に反映されていること                                         (4)具体的で説得力のある経営改善計画・資金計画を
  作成し,経営者が自分で説明すること
(5)日頃から財産・経営・業況について適切報告し,
  金融機関との信頼関係を保つこと
(6)代表者の資質(経営意欲,実行力,判断力)に
  問題がないこと
(7)業界での評判が良好であること
などということが上げられます。
 特に(1)(3)(6)(7)といった定性面の情報が,審査項目として近年重視されるようになりました。
 さらに,(5)のような地道な取り組み(ディスクロージャー:disclosure)は,単に借入のためというだけでなく,取引先の紹介や,経営指導・助言など,企業経営にも大きな影響を与えるサービスを受けられる機会につながっていくことも多いようです。
 これらの項目について,融資を申し込む前にもう一度検討し,金融機関とのよりよい関係を築きましょう。
 金融機関は「与信限度額(企業の返済能力から判断して,これ以上は融資できない額)」を念頭に置いて融資の審査をしています。
 融資申込者は,これらのことを十分考慮したうえで申し込みましょう 。
 相談窓口のご案内です。活用しましょう。
福山商工会議所 経営安定特別相談室  084-921-8734
広島県商工会連合会東部支所 経営安定特別相談室
                         084-960-3107
神辺町商工会     084―963―2001
福山あしな商工会   0847―52―4882
福山北商工会     084―976―3111
沼隈内海商工会    084―987―0328
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 万一,多重債務(返済能力を超えて、複数の金融業者から借り入れること)に陥ってしまい,返済に困った場合は,1人で悩まずに早めに身近な人(家族,友人)や,
「早期転換・再挑戦支援窓口(福山商工会議所または広島県商工会連合会東部支所)」,
福山市消費生活センター,中国財務局に相談しましょう。

  経営の安定に不安や悩みをお持ちのときに,特別相談を受けられる窓口があります。
 福山商工会議所及び広島県商工会連合会東部支所には「経営安定特別相談室」が設置されており,商工調停士や弁護士,税理士,中小企業診断士等の専門家により,経営の再建策等に有効なアドバイスや資金のあっせん等を行っています。再建の見込みのない場合については,整理の指導も行っています。
 専門家に相談すれば,きっと解決の糸口が見つかります。夜逃げや自殺等,深刻な状況に追い込まれる前に,勇気を出して相談することが大切です。
 また,日々の取立て等により,極度の疲労状態が続くと,不眠や食欲不振等といった体の変調が生じ,日常生活に支障をきたすことがあります。もし,変調を感じたら,我慢をせずに,かかりつけのお医者さんに相談しましょう。
 一方,ダイレクトメールやFax,派手な広告などによる違法な金融業者の甘い宣伝文句( ”無審査で即日融資!” など)には,だまされないよう,くれぐれもご注意ください。

 無登録業者,高金利業者といった違法な金融業者から借入れをすると,違法な高金利のため,返済請求額は雪だるま式に膨れ上がります。そして,少しでも返済が遅れた場合には,職場や親兄弟・親類まで脅迫まがいの厳しい取立てにあい,精神的に追い詰められてしまいます。
 保証金や保険金名目でお金をだまし取る新手の詐欺事件も全国でたくさん発生しています。
 このような被害にあわないためには,甘い融資話に惑わされることなく,絶対に利用しないことが一番の防衛策です。


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る