ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特定健康診査

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

特定健康診査(特定健診)を受けて,メタボリックシンドローム(メタボ)を見つけよう! 

 メタボリックシンドロームとは…内臓脂肪型肥満に加え,高血糖,脂質異常,高血圧の2つ以上を伴った状態をいいます。

腹囲測定イラスト

メタボは動脈硬化を促進させます!

 メタボの状態は病気ではありませんが,放っておくと,心筋梗塞,脳梗塞,糖尿病などになるおそれがあります。

受けて安心!年に1回の特定健診!

 メタボかどうかは見た目だけではありません。「何も症状がないから健康に違いない!」と自信のあるあなた。もしかしたら,気付かないうちに病気が進行している危険性もあるのです。

 特定健診は,メタボに加え,自覚症状のない病気をみつけ,予防するチャンスでもあります。

 年に1回は健診を受けて,自分の健康状態を知っておくことが大切です。

 市では福山市国民健康保険へ加入している40歳から75歳未満の人を対象に特定健診を実施していますので,ぜひ受けてください。

特定健診の基本的な検査項目

・質問項目

・身体計測(身長,体重,BMI,腹囲)

・理学的検査(身体診察)

・血圧測定

・血液化学検査(中性脂肪,HDLコレステロール,LDLコレステロール)

・肝機能検査(AST〈GOT〉,ALT〈GPT〉,γ‐GT〈γ‐GTP〉)

・血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c検査)

・尿検査(尿糖,尿蛋白)

※昨年度の健診結果および当日の医師の診察により,必要な人に貧血検査,心電図検査,眼底検査が行われる場合もあります。

福山市国保にご加入の皆さまへ

 2017年度(平成29年度)も・・・

   ★個人負担額が全員無料です!

   ★検査項目を追加しています!

福山市国保独自の追加項目

・貧血検査(ヘマトクリット,血色素量,赤血球数)

・心電図検査

・生化学検査(アルブミン,血清クレアチニン,尿酸)

 よくある質問

Q.個人的に健診実施機関で特定健診と類似した健診(人間ドックや事業主健診など)を受けています。特定健診も受けなければなりませんか?

A.特定健診の検査項目と同等の健診を受診した場合は,健診結果を市に提出することで特定健診を受診したものとみなされます。健診結果の提出にご協力をお願いします。ご協力いただいた人には,後日,無料血管年齢測定(すこやかセンターで実施)のご案内をさせていただきます。詳しくは成人健診課までお問い合わせください。

※福山市国保では,2017年度(平成29年度)に「特定健診受診率45%」及び「特定保健指導実施率60%」の達成を目指しています。そのため,人間ドックや事業主健診の健診結果データを提供してもらうことで受診率向上に反映されるものです。

Q.生活習慣病で治療中なのですが,特定健診は受けた方がいいですか?

A.充実した健診を無料で受診できるので,特定健診の受診をおすすめします。また,同様の検査を実施している場合,その検査結果を活用した補足項目健診(みなし健診)が実施できます。詳しくはかかりつけ医にご相談ください。

特定保健指導

 特定健診の結果,このまま放っておくと生活習慣病を発症するリスクが高く,かつ,生活習慣の改善により予防効果が高いと判定された人を対象に,特定保健指導を実施します。

リンク(特定保健指導)特定保健指導

おまけ

特定健診を受診したら・・・

結果を入力して,循環器疾患(脳卒中や虚血性疾患など)にかかる確率を計算してみましょう!

(大阪がん循環器病予防センター開発:大阪府民版 循環器疾患・発症予測ツール)

リンク(循環器疾患・発症予測ツール)循環器疾患・発症予測ツール

関連リンク

リンク(福山市健康診査のお知らせ)受け方・実施医療機関など・・・・各種健診のご案内です。

    第2期福山市特定健康診査等実施計画

 


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る