ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > > 食品衛生 > バーベキューによる食中毒に注意しましょう!

バーベキューによる食中毒に注意しましょう!

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月2日更新

肉を食べる男の子の絵 戸外でバーベキューや焼き肉をする機会が増える季節です。
生肉には食中毒を起こす細菌が付いている可能性がありますが,よく焼けば細菌は死にます。
食中毒をおこさないように、次のことに十分注意しましょう。

1 食肉は、細菌が増殖しないよう10℃以下で保存する

2 レバーなどの内臓や食肉などを加熱不十分な状態や生で食べない

3 食肉や内臓などを調理する際には、中心部まで十分に加熱する(75℃、1分以上)

4 生肉にさわったら手をよく洗う

5 生肉を扱ったトング、箸などをサラダなどの調理に用いないよう、調理器具の扱いに注意する



肉をつまむ男の子
リンク(バーベキューによる食中毒を防ぐために(食品安全委員会))バーベキューによる食中毒を防ぐために(食品安全委員会)
リンク(食肉は十分に加熱してから食べましょう)食肉は十分に加熱してから食べましょう

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)