ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・仕事の情報 > 事業・営業の許認可 > 食品衛生 > アレルギー物質を含む食品の表示について一部改正されました

アレルギー物質を含む食品の表示について一部改正されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月24日更新
 アレルギー物質を含む加工食品等については,食物アレルギーを引き起こすことが明らかな食品のうち,重篤度・症例数の多い7品目(特定原材料)については,表示が義務づけられています。
 また,過去に一定の頻度で健康被害が見られた特定原材料に準ずるものについては,表示を推奨しています。
 今般,特定原材料に準ずるものとして,新たに『カシューナッツ』及び『ごま』の2品目が追加になりました。
 これら2品目については,2014年(平成26年)8月31日までに表示するよう努めてください。

表示が必要な特定原材料(7品目)

えび,かに,小麦,そば,卵,乳,落花生


特定原材料に準ずるもの(20品目)

あわび,いか,いくら,オレンジ,カシューナッツ,キウイフルーツ,牛肉,くるみ,ごま,さけ,さば,大豆,鶏肉,バナナ,豚肉,まつたけ,もも,やまいも,りんご,ゼラチン

リンク(アレルギー物質を含む食品に関する表示Q&A)アレルギー物質を含む食品に関する表示Q&A
リンク(食品表示に関するQ&A(消費者庁))食品表示に関するQ&A(消費者庁)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)