ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療 > 生活衛生 > 旅館業を営業するときは許可が必要です

旅館業を営業するときは許可が必要です

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月25日更新

福山市内でホテル,旅館,簡易宿所(民宿)などの旅館業を営業しようとする場合は,あらかじめベッドの絵福山市保健所に申請書を提出し,その構造設備の確認検査を受ける必要があります。

 

旅館業の営業の手続きは・・・

1.旅館業の営業を計画したら,まず,保健所へご相談ください。
2.施設の確認検査を営業開始前に行いますので,おおむね営業開始予定日の20日程度前までに申請してください。
3.検査手数料(1件につき22,000円)が必要です。
4.旅館業法以外の法令による手続きが必要な場合がありますので,事前に関係機関と協議してください。
 (関係法令:建築基準法,消防法,食品衛生法,水質汚濁防止法,風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律など)
PDFファイル 旅館業を始める方に
PDFファイル 構造基準(ホテル)
PDFファイル 構造基準(旅館)
PDFファイル 構造基準(簡易宿所)
PDFファイル 構造基準(下宿)
PDFファイル 営業施設の設置場所等の基準(共通)
PDFファイル 共同の入浴設備の措置基準(共通)

旅館業の営業を開始されたあとは・・・

次の事項が生じた場合は,届出をしてください。
・営業者の住所,施設名,構造設備など開設届出事項に変更があった場合
・営業を廃止または停止した場合。
なお,営業者の変更,施設の移転,大幅な構造設備の変更等の場合は,新規の手続きが必要となるので,必ず事前に保健所へご相談ください。

旅館業の営業を承継したら・・・

相続や法人の合併・分割により,営業者の地位を承継する場合は,承継の承認を受ける必要があります。
なお,検査手数料は,1件につき7,400円です。

リンク(旅館業に関する申請・届出書ダウンロード)旅館業に関する申請・届出書ダウンロード

レジオネラ症防止対策について・・・

レジオネラ症は,レジオネラ属菌に感染しておきる病気です。レジオネラ属菌は,土の中や河川など自然界に生息しているだけでなく,循環式浴槽などでも多く検出されます。
レジオネラ症の発生を未然に防止するため,入浴施設の適正な維持管理に努めてください。

PDFファイル レジオネラ症を予防しましょう! [PDFファイル/134KB]
PDFファイル 入浴施設の衛生管理のポイント
リンク(レジオネラ対策のページ(厚生労働省))レジオネラ対策のページ(厚生労働省)

「民泊サービスと旅館業法に関するQ&A」「簡易宿所営業の許可取得の手引き」

厚生労働省のホームページに,「民泊サービスと旅館業法に関するQ&A」や「簡易宿所営業の許可取得の手引き」が掲載されています。営業及び利用の際の参考としてください。旅館業法を遵守するようお願いします。

リンク(レジオネラ対策のページ(厚生労働省))厚生労働省HP

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る