ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 青少年センター > 健全育成活動・非行防止活動

本文

健全育成活動・非行防止活動

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月17日更新

青少年センターでは,補導活動を通じて,喫煙で補導した青少年に対し,

喫煙が違法であることやたばこの有害性について説明し,やめるように根気強く指導しています。

また広島県や福山市小・中学校生活指導協議会(生指協)や福山地区高等学校校外指導連盟(高指連),

各学区の青少年育成員協議会などと連携しながら様々な活動をしています。

 
◆学区青少年育成員協議会

  青少年の非行防止,健全育成や環境浄化活動,さらには子どもの安全を守るうえで,

地域の果たす役割は非常に大きなものがあります。

本市では市内78学区に1,440人の方々を青少年育成員として委嘱し,

学区青少年育成員協議会を組織しています。

また学区における青少年を取り巻く諸問題や活動状況の情報交換,関係団体・近隣学区等との

連携を図るため,青少年育成員連絡協議会を開催しています。

 <主な活動内容>

  ○青少年の「文化活動」「レクリエーション」等の企画・実施及び支援等を中心とした青少年健全育成活動

  ○青少年の「補導活動」「声かけ活動」等の企画・実施及び支援等を中心とした非行防止活動

  ○学区内の「有害環境の浄化活動」「有害環境調査及び啓発」等を中心とした青少年有害環境浄化活動

  ○「こども110番の家」「子どもの見守り活動」等の企画・実施・支援・調査及び啓発を中心とした子どもの安全確保活動

  ○青少年健全育成のための「センターだより」等の配布,講演会・研修会の実施等の企画・実施及び支援等を中心とした各種啓発活動

  ○非行少年・問題行為少年を対象としたスポーツ教室・料理教室などの開催や立ち直りに向けた様々な支援,居場所づくり

  ○子ども会・町内会・PTA・福祉を高める会などとの連携した各種育成活動

各学区活動事例集 [PDFファイル/617KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)