ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 青少年センター > 青少年センターの紹介

本文

青少年センターの紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月1日更新

 これからの未来を担う青少年の健全育成・非行防止のために声かけ活動(補導活動)や相談活動,青少年を取り巻く社会環境の浄化活動などを行なっています。

 青少年センターは草戸町五丁目(旧福山市体育館隣)にあり,所長,指導員など13人で活動しています。

 

◆青少年センターの沿革(概要)

1958年(昭和33年)7月1日

福山市青少年補導員委員会の設置
各関係機関,団体の役員をもって組織

同  日 地区補導員協議会発足
1963年(昭和38年)8月28日 福山市青少年センター開所
1969年(昭和44年)5月1日 補導員制度が発足(中央少年補導員)
2010年(平成22年)4月1日 機構改革によりまちづくり推進部所管となる
2012年(平成24年)6月1日

福山市青少年補導員協議会から福山市
青少年育成員協議会に名称変更

             同  日

福山市中央青少年補導員協議会から福山市
中央青少年育成員協議会に名称変更

 

◆青少年センターの主な活動

補導活動

指導員が平日月曜日から金曜日の日中,福山駅前周辺や郊外の大型商業施設などにおいて,遅刻や喫煙などの行為に至る生徒に対し,補導活動を実施しています。

本センターの過去3年間の補導件数について [PDFファイル/102KB]

相談活動

指導員を中心に,青少年の非行や問題行動についての相談等に応じ,助言・指導を行います。

詳しくはこちらへ

健全育成活動・非行防止活動 健全育成活動では,各青少年育成員協議会を中心に,あいさつ運動や子どもと地域を繋ぐ交流事業等を実施しています。また,非行防止活動では,関係機関とともに「青少年の非行・被害防止全国強調月間」等の啓発や講演会等を実施しています。
環境浄化活動 青少年にとって好ましくない有害図書類等から青少年を守るため,白ポスト設置事業やコンビニエンスストアやゲームソフト販売店などの販売の実態調査を行っています。
こども110番の家

各青少年育成員協議会を中心に福山各警察署と一体となり,「子どもたちが安心して安全に過ごせるまち」をつくるため,1998年(平成10年)1月から全小学校区で実施しています。

詳しくはこちらへ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)