ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 市民税課 > 「平成30年7月豪雨」による軽自動車税関係の手続についてお知らせします。

「平成30年7月豪雨」による軽自動車税関係の手続についてお知らせします。

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月10日更新

平成30年7月豪雨により被災された方へ

 平成30年7月豪雨により,多大な被害を受けられたみなさま方に心よりお見舞い申しあげ
ます。
 この度の災害により,軽自動車等を廃車した場合や使用不能となった場合の軽自動車税
関係の手続・よくあるお問合せについて掲載しています。

軽自動車税関係の手続について Q&A

Q1 災害により車両が使用不能になった場合は?

A1  廃車(標識返納)手続をお願いします。(各車種の手続先)    
    




Q2 災害により廃車(標識返納)手続をしないまま軽自動車等を処分した場合は?

A2 申立書(実態連絡票)の提出をお願いします。
   申立書(実態連絡票) [PDFファイル/131KB]
    



Q3 災害により廃車(標識返納)手続をしたが,軽自動車税の減免制度はありますか?

A3 災害による軽自動車税の減免制度はありません。



Q4 廃車(標識返納)手続・申立書(実態連絡票)の提出により,軽自動車税の月割還付の制度
   はありますか?

A4 軽自動車税の月割還付の制度はありません。



 その他,ご不明な点がございましたら,お手数ですがお問合せください。

なお,自動車税及び自動車取得税については,広島県東部県税事務所(Tel:084-921-1311)へ、
自動車重量税については,軽自動車検査協会広島主管事務所福山支所(Tel:050-3816-3081)
へお問合せください。


   

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)