ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 市民税課 > 新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う2020年度(令和2年度)分の軽自動車税(種別割)の申告について

本文

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う2020年度(令和2年度)分の軽自動車税(種別割)の申告について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため,軽自動車税(種別割)申告の分散をお願いいたしします。

三輪以上の軽自動車の登録について

 軽自動車税種別割は,毎年4月1日時点の所有者にかかる税金で,登録内容に変更が生じた場合は15日以内に報告する義務が法律により定められています。
 毎年3月に軽自動車検査協会の窓口に手続きが集中する傾向にありますが,この度の新型コロナウイルスの感染拡大防止のため,三輪以上の軽自動車で3月中に次に挙げる事由が発生した場合でも,期間を避けて15日以内に申告していただくよう御理解と御協力をお願いいたします。
 詳しい内容については,軽自動車検査協会のホームページを御確認ください。
 
対象賦課期日

対象車種

事由 該当車両
2020年(令和2年)4月1日

三輪以上の

軽自動車

対象となるもの

・解体を伴う自動車検査証返納届出を行う場合

・所有者名義変更及び自動車検査証返納届出を同時に行う場合

・所有者名義変更及び輸出予定届出を同時に行う場合

2020年(令和2年)3月中に事由が発生したもので

2020年(令和2年)4月15日までに手続きできたもの

2020年(令和2年)3月25日に所有者名義変更及び自動車検査証返納届出書を同時に行った場合。

(通常)2020年(令和2年)4月1日までに税申告を行えば,2020年度(令和2年度)軽自動車税種別割が課税されない。

(今回)事由発生から15日以内である2020年(令和2年)4月9日までに申立書などの必要書類とともに税申告を行えば,2020年度(令和2年度)軽自動車税種別割が課税されない。

2020年度(令和2年度)軽自動車税種別割について

4月1日を超えて申請があった場合で,3月中に申告の根拠となる事由が発生したことが申立書などにより確認でき,事由の発生から15日以内に手続きがなされたものについては,4月以降の申告でも3月中に行われたとみなし,課税処理を行います。
 課税処理の都合により,元の納税義務者の方に納税通知書が届く場合がございます。お車を売られた業者様や新しい納税義務者の方に,申告の状況を確認していただくようよろしくお願いいたします。後日3月中に申告が行われたとみなされた場合には,元の所有者の方の納税義務を取り消し,新しい所有者の方に納税通知書をお送りします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)