ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 市民税課 > 市民税Q&A 5 会社を退職したあと納税通知書が届いたが

本文

市民税Q&A 5 会社を退職したあと納税通知書が届いたが

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年9月2日更新

会社を退職したあと納税通知書が届いたが

Q.5 私は,9月末で会社を退職したのですが,10月になって,市から納税通知書が送られてきました。
 在職中,市民税は給料から差し引かれていたはずですが,なぜでしょうか。

A.5  給与所得者の場合,市民税は,原則として12回(6月から翌年5月まで)に分けて,毎月の給料から差し引かれます。
  しかし,年の途中で退職すると,退職した翌月以降の市民税は,給料から差し引くことができなくなります。
  したがって,残りの市民税は,納税通知書によって納めていただくことになりますので, あなたには,給料から差し引くことができなくなった10月以降の8か月分の税額について納税通知書が届いたのです