ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 市民税課 > 市民税Q&A 8 妻のパート収入と夫の配偶者控除

本文

市民税Q&A 8 妻のパート収入と夫の配偶者控除

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月7日更新

妻のパート収入と夫の配偶者控除

Q.8 私の妻はパートで働いていますが,妻自身の税金はどうなりますか。
また,妻の収入(年収)がどのくらいの金額までなら,私の所得から配偶者控除や配偶者特別控除が受けられますか。

A.8  パート収入は,通常「給与所得」の扱いになります。
  あなたの配偶者の税金については,年間のパート収入が,所得税であれば103万円以下,市民税であれば100万円以下の場合にはかかりません。
また,パート収入が,年間103万円以下の場合は,配偶者控除の対象となり,103万円を超え201万6千円未満の場合は,配偶者特別控除の対象となります。

※納税義務者の合計所得金額が1,000万円を超える場合は,配偶者控除及び配偶者特別控除の適用はありません。

妻のパート収入夫の配偶者控除夫の配偶者特別控除妻の所得税妻の市民税
100万円以下※受けられる受けられないかからないかからない
100万円を超え
103万円以下
※受けられる受けられないかからないかかる
103万円を超え
201万6千円未満
受けられない※受けられるかかるかかる
201万6千円以上受けられない受けられないかかるかかる