ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 市民税課 > 市民税Q&A 9 生命保険の受け取りと税金

本文

市民税Q&A 9 生命保険の受け取りと税金

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年9月2日更新

生命保険金の受け取りと税金

Q.9 私は,妻の死亡に伴い,生命保険会社から保険金の支払いを受けました。何の所得になりますか。
 なお,保険料の支払者,保険金の受取人とも私です。

A.9 あなたの場合は,「一時所得」になります。一時所得の計算方法は,次のとおりです。

※(保険金-支払保険料-50万円) = 一時所得の金額
課税される一時所得=一時所得×1/2

 なお,保険金を受け取る場合,その保険金が死亡によるものか,満期によるものか,また,保険料の支払者が誰であるかで,その課税方法が異なります。

 これを夫婦の関係で見てみると,次の表のようになります。

区分保険料の
支払者
被保険者受取人事由課税関係
1満期夫の一時所得→所得税・住民税
2満期妻に贈与税
夫の死亡妻に相続税
3(契約者)妻夫の死亡妻に相続税
(生命保険契約に関する権利)
4満期夫の一時所得→所得税・住民税
妻の死亡