ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

2020年度企画展のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

企画展「藍染木綿」

展示期間

2020年(令和2年)4月25日(土曜日)から7月31日(金曜日)まで

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、4月14日(火曜日)から5月11日(月曜日)まで臨時休館

開館時間:9時から17時

入館料:無料

休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日のときは,その翌日)

展示内容

 藍染は、世界各地で様々な民族によって古くから行われてきた。
日本における藍染の歴史も古く、「木綿」 「藍」などの植物と共に、様々な技法が伝えられた。アイと呼ばれる藍色を生み出す各地の植物、藍染の布や糸でつくられた仕事着,晴着、蒲団などを紹介、鑑賞してもらい、古くから藍が、染色、薬用として日本人の生活を支え、彩ってきたことを知ってもらう展示内容。

企画展「愛染木綿」ポスター・チラシ(表)企画展「愛染木綿」チラシ(裏)

 

 

関連行事

 *新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止

  


企画展「厄除け」

展示期間

2020年(令和2年)9月26日(土曜日)から12月13日(日曜日)まで

開館時間:9時から17時

入館料:無料

休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日のときは,その翌日)

展示内容

 厄除けとは、天災や疫病などの災厄が降りかかってこないようにするための行為です。
今回の企画展は無病息災、家内安全などの厄除けの風習や道具とともに明治から昭和初期にかけての役場文書から、当時の人々が直面した伝染病の発生の様子や、その対策状況を紹介する展示内容。

 

企画展「厄除け」ポスター・チラシ(表)

企画展「厄除け」チラシ(裏)