ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 死亡:固定資産の所有者がお亡くなりになったときには
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフイベント > おくやみ > 死亡:固定資産の所有者がお亡くなりになったときには

死亡:固定資産の所有者がお亡くなりになったときには

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年9月8日更新

固定資産の所有者がお亡くなりになったときには

 固定資産を所有される方がお亡くなりになったときには,納税義務者を現に所有する方に変更する必要があります。(地方税法第343条第2項)

 つきましては,相続登記が完了するまで,または遺産分割協議が整うまでの間は相続人代表者の方に納税通知書を送付しますので,その手続きのため,資産税課までご連絡ください。

 また,お越しの際は,本人確認できるもの(運転免許証,健康保険証など)および印鑑(認印)をお持ちください。

関連ページはこちら

おなまえ,ご住所に変更がある方は

固定資産を共有されている方で,代表者の変更をご希望のときは

固定資産税の納税義務者については

登記されていない建物を相続する場合は