ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 売買や相続等により未登記家屋の所有者が変わる場合の届けについて
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・仕事の情報 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 売買や相続等により未登記家屋の所有者が変わる場合の届けについて

本文

売買や相続等により未登記家屋の所有者が変わる場合の届けについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月15日更新

法務局に登記をしていない建物は,法務局で新所有者名で登記をしていただくか,資産税課に「未登記家屋の所有者届出書」または「家屋所有権の申立書」の提出をしていただく必要があります。

登記をしている家屋は所有権移転登記を行ってください。この場合,資産税課への届出は不要です。

登記の有無については,課税明細書等で確認ができます。家屋番号欄に番号が記載されていれば,登記物件です。

家屋の所有者が変わったときの届出について

1.手続きの時期

随時(所有者変更後すみやかに届け出てください。)

2.手続き方法

直接窓口(資産税課)に届け出てください。

郵送の場合は,ページ最下部の問い合わせ先へ送付してください。

3.必要書類

相続の場合

1.未登記家屋の所有者届出書(様式1)

2.遺産分割協議書

3.相続関係説明図

4.遺産分割協議書がない場合またはあってもその物件の記載がない場合は申述書(様式4) が必要です。

    申述書の添付書類

    (1)印鑑登録証明書(法定相続人全員のもの)

    (2)被相続人の除・戸籍の謄本の写し(法定相続人全員が確認できるもの)

相続以外の場合(売買,贈与,代物弁済,無償譲渡等)

家屋所有権の申立書(様式2)

  (1)所有権移転の原因を証する書面(契約書等)の写し

  (2)旧所有者の印鑑登録証明書(原則3か月以内のもの)

各種様式

関連ページはこちら

家屋に関することは
固定資産の所有者がお亡くなりになったときには
所有者が死亡した場合の固定資産税は

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)