ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 消防局警防課 > 消防団の紹介

消防団の紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月2日更新

消防団とは?

 福山地区消防組合は,広島県東部の2市1町を管轄しています。
 消防局を中心に,8つの消防署,1つの分署,6つの出張所があり,552人の職員が勤務しています。
 しかし,管内の防災業務は消防職員だけで行っているわけではありません。
 各地域の防災の第一線を担うのが,それぞれの市町で組織している3つの消防団の団員です。
 皆さんも,「○○分団器具庫」と書かれた建物を見かけたことはありませんか? 高い塔からホースが吊り下げられているのを見たことはありませんか?
 ここが,消防団の拠点で,器具庫の中に消防自動車等が納められています。
 でも,なぜか普段は人の気配がありませんよね。
 消防団員の身分は,地方公務員法上,「特別職の地方公務員」にあたります。
 消防団員のほとんどは,普段はそれぞれの職業を持ちながら,いざ火災をはじめとする災害が発生したときには,器具庫に参集して防火衣に着替え,消防自動車等に乗ってさっそうと現場に駆けつけます。また,災害出動だけではなく,

  • 行方不明者の捜索活動
  • 防火広報宣伝など火災予防活動
  • ポンプ操法訓練,規律訓練等各種訓練への参加
  • 地域住民を対象とした消火器の取扱い訓練や防火講習会の実施
  • 防災技術の向上のため,様々な災害を想定した訓練の実施
  • 消防自動車や機械器具の点検整備

 など,「自らの郷土は自ら守る」という使命感に燃えながら,地域住民の安心と安全のために日夜がんばっています。
 あなたが良く知っている人も,消防団員かもしれませんね。

消防団 

消防団について詳しくは

総務省消防庁 消防団 オフィシャルウェブサイト

 
 
 


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る