ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 消防局総務課 > 消防艇「ふくやま」紹介

消防艇「ふくやま」紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月2日更新

 2003年(平成15年)4月1日、福山地区消防組合では、新消防艇「ふくやま」が就航いたしました。

「ふくやま」は、初代「雪風」の老朽化に伴い建造された19トン級の高速消防救急艇です。
     全長:19.35メートル
     総トン数:19トン
     巡航速力:24ノット(最高速力26ノット、時速約48キロ)
     最大搭載人員:15名
     放水能力:10,000リットル毎分
     放水砲:3,000リットル1基、2,000リットル2基
     放水口:12口
を備え、また、
     水難救助艇
     水中カメラ
     救急資機材
を搭載するなど、救急救助の装備を充実させています。
 当消防組合では、瀬戸内海国立公園内の離島を管轄し、また重要港湾福山港はコンテナ埠頭
の建設等により入港船舶が増加傾向にあり、海上防災の関心が高まる中、新消防艇の活躍が
期待されています。