ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 公益財団法人福山市スポーツ協会 > 福山市竹ケ端運動公園水上スポーツセンター(ふくやまリヴァマリン)

本文

福山市竹ケ端運動公園水上スポーツセンター(ふくやまリヴァマリン)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月23日更新

お知らせ

5月23日

 竹ケ端運動公園水上スポーツセンターは,5月31日(日曜日)までご予約及びご利用を休止しておりましたが,トレーニング室を除き5月16日(土曜日)から利用を再開いたしました。
 また,トレーニング室については,5月27日(水曜日)からの利用再開を予定しております。
 なお,新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため,施設への入場及び施設利用に際しては,次の注意事項を守ってください。

  • 施設を利用される方は運動前の体調チェックと予防対策を徹底してください。
  • 運動中を除き,施設内においてはマスク等を着用し,感染予防に努めてください。
  • マスク等の着用ができないエリア(更衣室等)での会話は自粛してください。
  • 入館時,受付前の消毒液で必ず手の消毒を行ってください。
  • 次に該当する場合は,施設利用をお控えください。
     熱や咳,くしゃみなど風邪の症状がある方
     強いだるさ(倦怠感)や息苦しさがある方
     咳・痰・胸部不快感のある方
     味覚・嗅覚に違和感がある方
     身内や身近な接触者に上記の症状がみられる方
  • 学校等が休業期間内の園児・児童・生徒は,施設利用を自粛してください。
  • 発症すると重症化の恐れがある糖尿病,心臓疾患,呼吸器疾患等の基礎疾患がある方,人工透析を受けている方,免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方は,施設利用を自粛してください。
  • 対面での会話,大声での応援,ハイタッチなどの行動は自粛してください。
  • 共用スペースでの長時間利用,対面利用,会話は自粛してください。
  • 集団で行う競技,近接して行う競技,身体的接触がある競技などを実施する場合は,各競技団体等が示す指針などに基づき,密集や密接を回避してください。

 ※感染症患者が発生した場合に備え,利用者の利用状況及び連絡先を把握・管理させていただきます。

3月15日

 竹ケ端運動公園水上スポーツセンターでは,受動喫煙対策を推進するため,福山市子ども及び妊婦を受動喫煙から守る条例及び健康増進法の一部を改正する法律の趣旨を踏まえ,2020年(令和2年)4月1日から敷地内禁煙を実施します。


 芦田川河口湖の静穏で広大な水面を利用し,漕艇競技の会場として竹ケ端運動公園から小水呑橋までの間に国際大会が開催できる2,000メートル,A級の漕艇コースが設定できます。
 都心に近い恵まれたこのコースを利用し,1994年(平成6年)のアジア競技大会及び1996年(平成8年)のひろしま国体などの漕艇競技が開催されました。
 竹ケ端運動公園内に建設した水上スポーツセンターは,両大会終了後は水上スポーツのメッカとして競技力向上とスポーツの振興を図り又,競技ばかりでなく一般市民の方にも利用していただけるよう竹ケ端運動公園の他施設と一体的に利用し,スポーツ・レクリエーション等に有効活用するとともに研修,トレーニング機能を備えた施設として漕艇競技を中心とした水上スポーツの拠点施設になっています。

 水上スポーツセンター写真

所在地

福山市水呑町4748番地

連絡先

電話 084-956-2313(直通)

福山市竹ケ端運動公園管理事務所
 電話 084-956-4563
 ファクシミリ 084-956-5763

交通案内

自家用車

JR福山駅から約15分
山陽自動車道 福山東インターチェンジから約25分
山陽自動車道 福山西インターチェンジから約35分

公共交通機関

鞆鉄道株式会社
 福山駅前バスのりば 5番乗り場
 鞆線「鞆の浦」行,「鞆港」行 「商業高校入口」バス停下車 徒歩10分
 鞆線「運動公園」行,「竹ケ端」行 「運動公園」バス停下車 徒歩1分

  • 福山駅前バスのりばから運動公園方面竹ケ端行が運行されていますが,本数は限られています。
    ご利用の時間帯に竹ケ端行きがない場合は,鞆の浦・鞆港行をご利用ください。途中の商業高校入口で下車し,徒歩で東へ10分ほどのところにあります。(野球場の大型照明を目印にしてください。)
  • 詳細については,鞆鉄道株式会社(トモテツバス)福山事業所にお問い合わせください。(電話 084-952-3100)

開場時間

次号に規定する日以外の日

午後1時から午後9時まで

毎週日曜日及び休日

午前9時から午後5時まで

休場日

  1. 毎週月曜日(その日が祝日に当たるときは,その日後においてその日に最も近い祝日でない日)
  2. 12月29日から翌年の1月3日までの日

使用料

                         時間
区分
午前 午後 夜間 延長
9-12時 13-17時 18-21時 1時間
管理棟 研修室(大) 1,240円 1,660円 1,240円 400円
研修室(小) 620円 830円 620円 200円
トレーニングルーム 一般 200円 200円 200円  
中・高の児童・生徒 100円 100円 100円  
コインシャワー 1回につき 100円
冷暖房料 基本料金の5/10の額
艇庫 艇の長さ10メートル以上 一般 1艇1月につき 3,130円
小・中・高の児童・生徒 1艇1月につき 1,560円
艇の長さ10メートル未満 一般 1艇1月につき 1,870円
小・中・高の児童・生徒 1艇1月につき 930円

備考

  • トレーニングルームのご利用は,中学生以上とし,トレーニングルーム利用講習会を受講された方とします。
  • 次に掲げる手帳のいずれかの交付を受けている方が,当該手帳等を係員に提示し,確認を受けて個人使用する場合は,使用料を免除します。
    なお,1名につき,介助者2名は免除するものとします。
    ただし,免除を受けて入場された介助者は,必要な介助に専念してください。
           ・身体障害者手帳   ・療育手帳   ・精神障害者保健福祉手帳
           ・戦傷病者手帳   ・被爆者健康手帳
  • 漕艇競技に係る附属設備及び備付け器具類を使用する場合の使用料が30,900円を超えるときは,30,900とします。

施設概要

敷地面積

3,960.96平方メートル

建築面積

1,631.35平方メートル

管理棟

685.45平方メートル

新艇庫

600.00平方メートル

旧艇庫

345.90平方メートル

延床面積

1,973.30平方メートル

管理棟

1,099.81平方メートル

新艇庫

540.00平方メートル

旧艇庫

333.49平方メートル

構造

管理棟

鉄骨造2階建 (1階:663.56平方メートル  2階:436.25平方メートル)

艇庫

鉄骨造平屋建

規模

艇庫:約70艇収容可能

諸室

事務室,応接室,医務室,研修室(10),トレーニングルーム,更衣室(シャワー室)(2),待合室,検査室,湯沸室

工期工費

1992年(平成4年)12月~1993年(平成5年)10月 664,211千円

供用開始

1993年(平成5年)10月7日
倉庫(旧艇庫):1990年(平成2年)3月

漕艇コース

規模

2,000メートル A級公認コース
レーン幅  13.5メートル
レーン数  6レーン
水深  2.5メートル以上

コース設備

 水路用具一式(レーン境界ブイ・距離表示ブイ他),決勝判定搭,発艇施設,発艇台,操舵標識,線審台,ビデオ判定装置