ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

景観とは

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月10日更新

景観って何でしょう? 

景観の概要


  「景観」とは,目に映る景色や眺め,風景などに対して,それを見る人の印象や評価(視点)などが加えられたものであり,対象物とそれを見る人との関係から成り立つものです。
 また,景観は,地域の歴史,地勢や生態系などの風土,地域で育まれてきた文化や伝統,人々の暮らしや経済活動,技術の進歩や法制度など,様々な背景から形づくられているものであることから,対象として見えているものだけでなく,それらの背景を一体のものとして認識することが重要です。

「福山の景観」(PDF 約4.6MB)

景観づくりを進めると 

1 景観づくりを進めることで,身近に快適な環境が生まれ,潤いのある豊かな生活環境の創造につながります。

2 歴史的な景観を守り伝えること,新しい景観をつくることは福山の個性を育むこととなります。

3 身近な景観を大切にすることで,まちと暮らしに誇りと愛着を持てます。

良好な景観がもたらすもの

    Adobe Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)