ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 財政課 > 2008年度(平成20年度)財務書類

2008年度(平成20年度)財務書類

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年3月29日更新

 地方公共団体の会計制度は,現金の収入・支出に着目した現金主義・単式簿記が採用されているため,現金の動きはわかりやすい反面,どのような資産や負債が形成されているかなどの説明が不十分な面があります。
 福山市では,これまで発生主義・複式簿記の考え方により,総務省から示された基準により貸借対照表と行政コスト計算書を作成してきました。
 こうした中,総務省から,発生主義・複式簿記の考え方をより推し進めた「基準モデル」と「総務省方式改訂モデル」の2つの新しい基準が示され,2008年度(平成20年度)決算に基づき,総務省方式改訂モデルにより,普通会計のほかに特別会計や外郭団体も含めた連結ベースでの財務書類4表を作成しました。


PDFファイル 2008年度(平成20年度)財務書類

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る