ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 税制課 > 建築後使用されたことのあるもの(中古住宅)※特定の増改築等がされた家屋を宅地建物取引業者から取得した場合以外

本文

建築後使用されたことのあるもの(中古住宅)※特定の増改築等がされた家屋を宅地建物取引業者から取得した場合以外

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月2日更新

該当家屋要件・必要書類・記載例

  要件 

1 取得原因が売買または競落であること。
2 取得してから1年以内の申請であること。
3 延床面積が50平方メートル以上あること。
4 延床面積の90パーセントを超える部分が自己の居住用の住宅であること。
5 取得の日から20年以内(石造,れんが造,コンクリートブロック造,鉄骨造,鉄筋コンクリート造,鉄筋鉄筋コンクリート造は25年以内)に建築された建物であること。※耐震基準適合証明書(有効2年)のあるものを除く
6 区分建物の場合は,耐火建築物または準耐火建築物であること。

必要書類 

1 窓口に手続きに来られる人の身分証明書 (運転免許証,健康保険証,国家資格証,補助者証など)
2 住宅用家屋証明申請書 2部
3 登記簿(全部)事項証明書(登記簿謄本)
4 原因証書
 (売買の場合・・・売買契約書,売渡・譲渡証書,登記原因証明情報など)
 (競落の場合・・・代金納付期限通知書及び領収書)
5 住民票※住民票をまだ新住所へ変更していない場合は,現在の住民票に加え居住申立書及び添付書類も必要です。(詳しくは【様式】の「居住申立書及び添付書類」をご覧ください。)
※3から5は確認後,返却します。(写しでも可)

記載例

PDF(98KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)