ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 税制課 > 税の証明Q&A3 代理人でも税証明がとれますか

本文

税の証明Q&A3 代理人でも税証明がとれますか

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月28日更新

税の証明Q&A 3

代理人でも税証明がとれますか

Q.3 税証明を申請したいのですが,仕事の関係で直接自分で行けません。税証明の交付申請や閲覧は代理でもできますか。

A.3 税に関する証明書には,多くの個人情報が含まれているため, 本人以外の人が申請する場合は,本人の承諾(委任状)がなければ証明書の発行はできません。

 したがって,代理人が税証明の交付申請や閲覧の申請をする際には,次のものをお持ちください。

1.窓口に来られる代理人の本人確認ができるもの 

リンク(本人確認ができるものの例)本人確認ができるものの例

2.委任状

 委任状には,特に決まった書き方はありませんので,書き方の例を参考にしてください。 

リンク(委任状の書き方の例)委任状の書き方の例

 なお,申請時に福山市で本人と同じ住民票にある親族が申請する場合は,委任状を省略することができます。(住所は同じでも世帯分離されている場合は,委任状が必要です。)

  法人の場合,法務局に印鑑登録された代表者印などの法人印が必要です。(代表者印などの法人印の持ち出しができない場合は,委任状または税証明交付・閲覧等申請書 に押印してお持ちください。)