ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 税制課 > その他の添付書類

その他の添付書類

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月6日更新
その他の添付書類の概要は次のとおりです。
相続人等が,亡くなった人の固定資産評価証明書などを申請する場合戸籍謄抄本など(写しでも可)
※亡くなった人が福山市外に住んでいた場合は,「死亡日」が表示されたもの(戸籍謄抄本など)も必要です。
不動産競売申立てのための固定資産公課証明書を申請する場合

競売申立書(写しでも可)
債務名義や担保権を確認できる書類
強制競売の場合・・・確定判決,仮執行宣言付支払督促等
担保権の実行としての競売の場合・・・担保権設定契約書,登記事項証明書等
※法人が郵送申請する場合は,登記事項証明書(写しでも可)も必要です。

不動産競売の買受人が,固定資産評価証明書を申請する場合代金納付期限通知書(写しでも可)※物件目録含む
不動産競売の代位登記に必要な固定資産評価証明書を申請する場合

代位登記申請書(写しでも可)
競売申立てが受理された旨の証明書(写しでも可)

借地人・借家人が,固定資産評価証明書・公課証明書を申請する場合

契約書(写しでも可)※原則,申請者と登記名義人が直接契約していること
領収書(写しでも可)※借地・借家料を支払ったことがわかるもの

全国統一様式で固定資産評価証明書を申請する場合全国統一様式
※全国統一様式での申請は,訴訟物の価額の算定資料,民事調停法による調停及び借地非訟の申立手数料の算定資料,仮差押え及び仮処分の申立ての添付資料として使用するため,用途が限定されています。
※家庭裁判所へ調停の申立て等をする場合は,この様式は使用できませんので注意してください。
法定後見人(成年・未成年後見人)及び任意後見人等が申請する場合後見登記事項証明書など(写しでも可)

賦課期日(1月1日)の翌日以降に土地・家屋を取得した人が,固定資産評価証明書・公課証明書を申請するとき

 所有権移転したことが確認できる登記簿謄本または登記事項証明書(写しでも可)                                               ※賦課期日(1月1日)以降に分筆・合筆した土地の場合は,賦課期日時点の所有者の委任状が必要となる場合がありますので,税制課にお問い合わせください。


※上記の表以外の場合,またはご不明な点がある場合は税制課にお問合せください。

  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る