○福山市沼隈サンパル条例施行規則

平成17年1月31日

規則第66号

(趣旨)

第1条 この規則は、福山市沼隈サンパル条例(平成16年条例第58号。以下「条例」という。)の施行について、必要な事項を定めるものとする。

(開館時間)

第2条 福山市沼隈サンパル(以下「サンパル」という。)の開館時間は、午前9時から午後5時までとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、これを午後10時まで延長し、又は変更することができる。

(休館日)

第3条 サンパルの休館日は、次のとおりとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(1) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(2) 12月29日から翌年1月3日まで

(使用許可の申請)

第4条 条例第5条第1項前段の規定による使用の許可を受けようとする者は、福山市沼隈サンパル使用許可申請書(以下「使用許可申請書」という。)を市長に提出しなければならない。

2 使用許可申請書の受付期間は、使用予定日(引き続き2日以上使用しようとする場合は、その初日をいう。以下同じ。)の前6月に当たる日から使用予定日の3日前まで(サンパルの休館日を除く。)とする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、この限りでない。

(使用許可書の交付)

第5条 市長は、条例第5条第1項前段の規定による使用の許可(以下「使用許可」という。)をしたときは、福山市沼隈サンパル使用許可書(以下「許可書」という。)を当該使用許可に係る申請者に交付するものとする。

(使用許可の変更申請)

第6条 条例第5条第1項後段の規定による変更の許可を受けようとする者は、福山市沼隈サンパル使用許可変更申請書を市長に提出しなければならない。ただし、市長が相当の理由があると認めるときは、この限りでない。

(使用変更許可書の交付)

第7条 市長は、条例第5条第1項後段の規定による変更の許可をしたときは、福山市沼隈サンパル使用変更許可書を当該変更の許可に係る申請者に交付するものとする。

(使用期間の制限)

第8条 同一の催し等でサンパルの施設を連続して使用できる期間は、3日間とする。ただし、市長が特に必要があると認めるとき、又はサンパルの管理運営上支障がないと認めるときは、この限りでない。

(使用時間)

第9条 条例別表に定める使用区分ごとの時間帯には、準備、練習、後片付け等に要する時間を含むものとする。

(附属設備等の使用料)

第10条 サンパルの附属設備及び備付けの器具類等の使用料は、別表に定めるとおりとする。

2 条例第12条の規定により、使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)が特別の設備をし、又は器具類を持ち込み、電気等を使用する場合の使用料は、一式又は1台につき1日当たり100円とする。

(使用料の減免)

第11条 条例第8条の規定により市長が使用料を減額し、又は免除することができる場合は、次の各号に掲げるとおりとし、減額し、又は免除する額は、当該各号に定める額とする。

(1) 市が主催する事業に使用する場合 使用料の全額

(2) 市が共催し、かつ、市の関係職員が職務上出席して行われる行事等に使用する場合で、ホール以外を使用するとき 使用料の全額

(3) 勤労者団体が組織する団体が主催する事業に使用する場合 使用料の5割相当額

(4) 公立の学校、社会教育関係団体又は社会福祉関係団体が主催する事業に使用する場合 使用料の5割相当額

(5) その他市長が減額し、又は免除する必要があると認めた場合 その都度市長が定める額

2 条例第8条の規定により使用料の減額又は免除を受けようとする者は、福山市沼隈サンパル使用料減免申請書を市長に提出しなければならない。

(使用料の還付)

第12条 条例第9条ただし書の規定により使用料を還付できる場合は、次の各号に掲げるとおりとし、その還付額は、当該各号に定める額とする。

(1) 災害その他使用者の責めに帰することができない理由によりサンパルの使用ができなくなった場合 既納使用料の全額

(2) 使用者が使用予定日の30日前までに使用許可の取消しを申し出た場合 既納使用料の5割相当額

(3) 使用者が使用予定日の3日前までに使用許可の取消しを申し出た場合 既納使用料の3割相当額

2 条例第9条ただし書の規定により使用料の還付を受けようとする者は、福山市沼隈サンパル使用料還付申請書を市長に提出しなければならない。

(使用者等の遵守事項)

第13条 使用者及び入場者は、次の事項を遵守しなければならない。

(1) 使用を許可されていない施設を使用しないこと。

(2) 施設の収容人員を超えて入場させないこと。

(3) 許可なく壁、柱等に張り紙、くぎ打ち等をしないこと。

(4) 所定の場所以外で飲食し、喫煙し、又は火気を使用しないこと。

(5) 備付けの器具類等をサンパルの外に持ち出さないこと。

(6) サンパルの使用に当たっては、施設における秩序を保持するため、責任者を置き、必要に応じてサンパル内外に整理員を置くこと。

(7) 前各号に定めるもののほか、サンパルを管理する職員が管理上の必要に基づいて行う指示に従うこと。

(建物等のき損又は滅失の届出)

第14条 使用者は、サンパルの建物又は附属設備若しくは備付けの器具類等をき損し、又は滅失したときは、福山市沼隈サンパル建物等き損滅失届を市長に提出しなければならない。

(立入検査)

第15条 サンパルを管理する職員は、サンパルの管理運営上必要があると認めるときは、使用中の施設に立ち入ることができる。この場合において、使用者はこれを拒否することができない。

(書類の様式)

第16条 使用許可申請書その他のこの規則に規定する書類は、市長が別に定める様式による。

(雑則)

第17条 この規則に定めるもののほか、サンパルの管理運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年2月1日から施行する。ただし、次項の規定は、同年4月1日から施行する。

(福山市沼隈サンパル条例施行規則の一部改正)

2 福山市沼隈サンパル条例施行規則(平成17年規則第66号)の一部を次のように改正する。

(次のよう略)

附 則(平成26年3月31日規則第32号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第10条関係)

(一部改正〔平成26年規則32号〕)

1 附属設備及び器具類使用料

(単位:円)

品目

単位

使用料

照明設備

フットライト

1列

510

ロアーホリゾントライト

1列

1,020

アッパーホリゾントライト

1列

1,020

ボーダーライト

1列

1,020

サスペンションライト

1台

200

フロントサイドスポットライト

1台

200

シーリングスポットライト

1台

200

フォロースポットライト

1台

200

プロセミアムライト

1列

1,020

映写設備

16ミリ映写設備(スクリーン付)

1式

3,600

プロジェクター

1式

1,020

スクリーン

1張

1,020

音響設備

音響調整卓(マイク2本付)

1式

3,080

ワイヤレスセット(マイク1本付)

1式

1,020

カセット式テープレコーダー

1台

820

オープン式テープレコーダー

1台

1,020

レコードプレーヤー

1台

510

コンパクトディスクプレーヤー

1台

510

ミニディスクプレーヤー

1台

510

ステージスピーカー

1台

610

ダイナミックマイク

1本

300

コンデンサーマイク

1本

510

ワイヤレスマイク

1本

510

舞台関連道具・設備

音響反射板

1式

3,080

平台

1台

150

指揮者台

1台

200

金屏風

1双

1,020

演台

1式

510

司会者台

1台

200

プログラムスタンド

1台

100

ひ毛せん

1枚

510

長座布団

1枚

510

高座用座布団

1枚

100

地かすり

1枚

510

上敷

1枚

100

人形立

1本

100

譜面台

1台

100

楽器

ピアノ(スタインウェイ)

1台

5,140

ピアノ

1台

1,020

備考

(1) 使用料の額は、1日当たりの額とする。

(2) ピアノの調律は、使用者が行うものとする。

2 冷暖房装置使用料

名称

使用区分

単位

金額

ホール

冷暖房

1時間

2,050円

ホール以外の各室(実習場を除く。)

冷房

1回

基本使用料の3割相当額

暖房

1回

基本使用料の2割相当額

備考

(1) ホールの冷暖房装置の使用時間が、3時間に満たない場合は3時間使用した場合の額を使用料の額とし、3時間を超える場合は1時間当たりの額に当該使用した時間数(端数がある場合は30分未満は切り捨て、30分以上1時間未満は1時間とみなす。)を乗じて得た額を使用料の額とする。

(2) この表において、「基本使用料」とは、条例別表に規定する時間区分ごとの使用料をいう。

(3) この表に基づいて算出した使用料の額に10円未満の端数が生じたときは、その端数を切り捨てる。

福山市沼隈サンパル条例施行規則

平成17年1月31日 規則第66号

(平成26年4月1日施行)